米SECがDirexion社の5つのETF可否判断を9月21日まで延期、CboeのETFへの影響は?

米SECがDirexion社からの5つのETFを可否判断日程を延期
米国証券取引委員会(SEC)は5つのETF提案に慎重な態度を示し、「連邦官報」にてDirexion Investments投資会社から提出された5つのETF申請について、「もうしばらく検討する時間が必要だ」と記述し、可否判断の延期を表明。
NYSE Arca(アーカ)取引所とはとは
米国に本拠を置くインターコンチネンタル取引所(ICE)が所有する、株式の電子取引所。NYSEやNasdaqの銘柄を含む、8000以上の銘柄を電子的に取引できる市場で、ETFを含むETP商品の上場を専門に扱うと知られています。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ETFすべてに影響があるのか見極める必要あり

米国証券取引委員会(SEC)は、5つのETF提案に慎重な態度を示しました。

日本時間7月24日、SECは「連邦官報」(Federal Register)にて、Direxion Investments投資会社から提出された5つのETF申請について、「もうしばらく検討する時間が必要だ」と記述しています。

DirexionのETF提案は延期、CboeのETFには無影響

BTCの大幅続伸を支える土台の一つ、SECによるCboeからのETF認可に期待感が持たれていることにあるとされる一方、どうやら、SECはすべてのETF提案を同一視するつもりはない模様です。

7月24日に掲載された連邦官報では、今年の1月に提出された5つのビットコインETF(NYSEアーカ取引所に上場させる)提案に関して、以下のような記述を確認できます。

「当委員会は、アーカ取引所からの提案したを認可するか否かを判断する、充分な時間が必要だと考えている」

同「連邦官報」では、Cboeのことについては、一切言及されなかったため、Cboeが申請している(市場から本命視されている)ETFの進展に悪影響がもたらされる懸念は軽微であると考えられます。

また昨日、Coinpostで報道記事で、SECとCFTCの内部関係者から「Cboeが申請したビットコインETFにおける認可の可能性が高い」ことが示唆されましたが、海外の仮想通貨メディアnewsbtcによると、考えられる理由として、Cboeは以前からビットコイン先物商品を提供する企業として、SECと良好な関係にあるとされています

CoinPostの関連記事

米SECがDirexion社の5つのETF可否判断を9月21日まで延期、CboeのETFへの影響は?
米国証券取引委員会(SEC)は5つのETF提案に慎重な態度を示し、「連邦官報」にてDirexion Investments投資会社から提出された5つのETF申請について、「もうしばらく検討する時間が必要だ」と記述し、可否判断の延期を表明。
規制当局SECとCFTC関係者が、ビットコインETF認可の可能性を示唆|TheICOJournalが報道
仮想通貨情報メディアTheICOJournalが、SEC、CFTCの情報筋の見解として、Cboeが提出した「ビットコインETF」が年内実現の見通しであると報道した。申請の可否は世界各国から高い関心と期待を集めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加