寒冷気候地帯に代わり猛暑のテキサスがマイニング拠点として注目浴びる

特許取得済みの液浸冷却技術を駆使するマイニング企業TMGCoreが約14000㎡のデータセンターに移動するとダラスニュースは報じた。

テキサスは40度も容易に超える真夏の猛暑日で有名だが、液浸冷却をすればマイニングで生じる熱も立地の高気温も問題ではない。

テキサス州の電力費は1MW時56ドルで、これは全米平均より1ドル安い。

最大手マイニング機器会社のBitmainも今月テキサス州にマイニング拠点を設置している。

TEXAS BRINGS THE HEAT AS AN ALTERNATIVE TO MINING IN COLD CLIMATES

CoinPostの関連記事

仮想通貨マイニング最大手のBitmainが米テキサス州へ進出、地域活性化なるか
米国テキサス州のRockdale市で、低迷しているアルミ製錬所の閉鎖が相次ぐ中、仮想通貨マイニング最大手のBitmain社は、その内一つの工場を仮想通貨マイニングビジネスに転換すると表明した。
Bitmain等から約120億円出資されたCircle社:米ドルと価格が連動する仮想通貨を発表
大手仮想通貨取引所Poloniexの買収や、仮想通貨投資アプリ”Circle Invest”の公開で話題になったCircle社が、Bitmain等から約110億円出資された事、また米ドルとのペッグ通貨「US dollar coin(USD-C)」を発表しました。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加