CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リスク、待望の独自ブロックチェーン「Lisk Core 1.0.0」公開日程を発表|今後の将来性は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Liskのメインネット公開日程
待望の「Lisk Core 1.0」のメインネットへのリリースが、Lisk公式ブログ上で発表された。予定では8月29日、欧州時間午前11時以降になるとされる。
Liskとは

分散型アプリケーションプラットフォーム「dApps」の機能を持つ。

スマートコントラクトの記述言語に、メジャーなプログラミング言語である「Javascript」を導入、Microsoftとパートナーシップを締結したことでも話題に。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Liskのメインネット公開日程

今年2月に、ロゴやウェブサイトをはじめとする大規模なリブランディングを行ったLiskですが、コミュニティから待ち望まれていた、「Lisk Core 1.0」のメインネットへのリリースが、遂にLisk公式ブログ上で発表されました。

Liskは、分散型アプリケーション(dApps)構築のためのプラットフォームで、プログラミング言語に開発者の間ではメジャーなJavaScriptを採用しています。

サイドチェーン上でスマートコントラクトを構築でき、セキュリティ強化と処理能力の向上の面において、大変優れています。

「スピードよりもクオリティ」を重視し、セキュリティを徹底するため、開発ロードマップの当初の予定よりも遅れていたLisk Coreの開発ですが、ブログによると、メインネットへの移行は、6,901,027番目のブロックに到達する時点で、予定では8月29日、中央ヨーロッパ夏時間午前11時以降になるとのことです。 

このリリースに伴い、すべてのLisk メインネットのノードは、Lisk Core 1.0にアップグレードされる必要があります。

この移行のためのブロックは、時間枠、取引所、エコシステム内の調整や利用できるリソースなど、さまざまな要素を考慮にいれて決められています。 

Lisk Core リリースの重要性

Lisk Core 1.0のリリースは、Liskコミュニティにとって節目となる重要な出来事です。

大幅に改善された品質保証プロセスを経た初めてのリリースであり、Lisk開発本部とLiskコミュニティが 一丸となって、膨大な量のコミットと相互評価による問題処理を行い、数ヶ月以上続いたベータネット段階から、二つのテストネットを経て、最高のコードの質と安定性を実現させた努力の結晶で、Lisk開発チームが自信を持って公開するものです。

Lisk Core 1.0には、新たなAPIデザインやP2P通信レイヤーが含まれ、トランザクションに、メッセージを含むことのできるデータフィールドなど、新しい追加機能が搭載されています。 アトミックブロック書き込み、体系的なテストスイート、JavaScript ES6に移行されたコードも含まれています。

また、Liskエコシステムには、開発者向けのLisk Commandや一般ユーザー向けのLisk Hubなどのいくつかのプロダクトがありますが、そのすべてのプロダクトに新しいAPIとの互換性の調整が施され、最新バージョンのLisk Coreに対応するためのコードも公開されています。

8月29日のLisk Core 1.0移行当日には、スムーズな移行を行えるよう Liskエンジニアチームが待機して、調整と監視を行いますが、バグ等の影響により紛失したブロックがあることも考えられるため、ターゲットブロックに到達する、より正確な時間を逐次、公表しコミュニケーションを絶やさないようにすると、ブログでは述べています。 

また取引所とも密に連絡を取り合い、出入金への影響を最小限にとどめる努力はするとしていますが、移行の前後それぞれ24時間は、トランザクションを控えた方が良いと、コミュニティに呼びかけています。

Liskの将来性

ブログからは、Lisk開発チームのプロジェクトに対する真摯な姿勢と、Lisk Core 1.0がもたらす可能性に期待する熱気が伝わってきます。

Liskプラットフォームで使用される仮想通貨Liskは今年、1月31日に、国内大手取引所であるビットフライヤーへ上場し、一時63.6%という驚異的な高騰を見せています。

現在の時価総額は25位ですが、マイクロソフトAzureとパートナーシップを結ぶなど、市場では信頼性の高いプロジェクトと認識されているとともに、熱心なコミュニティも存在します。

CEOのMax Kordek氏によると、ここ2年間は、コードの堅牢さ、安定性や効率性などのバックエンド機能の開発を地道に重ねてきたLiskですが、ここにきて、ようやくユーザーが見える部分のインターフェースをはじめとする、使用体験機能を充実させる段階にたどり着いたと言えるでしょう。

Liskコミュニティやユーザーの要望に逐一、耳を傾ける姿勢を貫き、開発へ反映させていく方針だという、Kordek氏のプロジェクトとコミュニティに対する誠実な姿勢に溢れた言葉からは、エコシステム全体を利することを見据えた、長期的な視点が垣間見えます。

強力なアップグレードを間近に控えたLiskが、これからどのような発展を遂げるか、興味深く見守っていきたいと思います。

CoinPostの関連記事

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。
【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて
Liskリブランディング前にCoinPost編集部がCEO Max氏に対し独占インタビューを行いました。Vol.1では注目されている近日予定のリブランディングとロードマップについての情報をお届け致します。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア