CoinPostで今最も読まれています

北朝鮮ハッカー集団ラザラス、アジア圏の仮想通貨取引所に侵入か:MacOS向けマルウェアで巧妙な手口

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

MacOSを狙った巧妙な手口
北朝鮮の関与が疑われるサイバー攻撃でアジア圏の取引所への侵入被害が発覚した。財務被害こそないものの、仮想通貨アプリのアップデートを騙り、MacOSを狙ったマルウェアとして注意喚起されている。

北朝鮮ハッカー集団の仕業か

北朝鮮政府との繋がりを疑われる「ラザラス (Lazarus) グループ」は、研究者から、過去10年間で発生した数多くのサイバー事件の主犯であると指摘されており、韓国の大手仮想通貨取引所Bithumbをはじめとする一連のハッキングに関与した疑いが持たれています。

今回発覚したのは、アジア圏にある仮想通貨取引所へのサイバー侵入被害で、ロシアに本社を置く、コンピュータセキュリティ会社、カスペルスキー・ラボ(Kaspersky Lab)のレポートで明らかになりました。 

被害を受けた取引所名は明らかにされていませんが、カスペルスキー・ラボが、ITセキュリティメディアのBleeping Computerに伝えたところによると、当該取引所は侵入は受けたものの、財務上の損失は被っておらず、被害は最小限に食い止められた模様です。

しかし、懸念されるのは、今回用いられた”新たなサイバー攻撃”の巧妙な手法です。

カスペルスキー・ラボが「AppleJeus」のコードネームをつけ、分析した今回のハッキングでは、アップル社のMacOSをターゲットにした初のマルウェアが発見されていますが、そのマルウェアは、とある仮想通貨取引ソフト開発会社が提供するアプリのアップデート版の中に仕込まれており、同社のインターネットサイトよりダウンロードできるようになっています。

今回被害にあった取引所では、アプリを推奨するEメールを受け取った従業員の一人が、疑うことなくEメール上のリンクから、「トロイの木馬」である仮想通貨取引アプリをダウンロードしたことにより、侵入被害を受けたようです。

しかし、この従業員の行動を一概に責めることはできません。

ラザラスグループによる犯行とみられるこの事件は、大変巧妙に仕組まれており、取引アプリそのものではなく、アップデート版にマルウェアが仕込まれていただけでなく、アプリを提供している、仮想通貨取引ソフト開発会社そのものにも狡猾な仕掛けが施されていた模様です。

カスペルスキー・ラボによると、問題のソフト開発会社、Celas Limitedによる、「Celas Trade Pro」という仮想通貨取引アプリは、害を及ぼすような兆候は一切示さず、一見本物に見えたそうです。

しかし、そのアプリがセキュリティを回避するのに必要な「デジタル証明書」を付与した会社は、何もない野原に”架空の住所”が置かれていたり、同社のサーバーのドメイン登録に使われた住所を検索すると、米シカゴのラーメン屋と一致するといった具合で、大変存在が疑わしいと言わざるを得ないことが判明しました。

このような事実から総合して考えると、この犯罪グループは、一見正当に見えるビジネスそのものを創り出し、偽装したソフトウェアアップデートの中に悪質なマルウェアを忍び込ませるという、新たな手法を創り出したと、結論付けられるのです。

カスペルスキー・ラボのグローバルリサーチ/分析チーム主任のVitaly Kamluk氏は、次のように述べています。

Windowsユーザーのみならず、MacOSユーザーにも感染するマルウェアを開発し、おそらく、セキュリティソリューションで検出されないマルウェアを提供するため、偽装したソフトウェア会社やソフトウェア製品を作り出すのに多大な労力を割くに値するほど、このようなサイバー犯罪から見込まれる収益は大きいと言える。

近い将来、このようなケースがさらに増加することは免れないだろう。

カスペルスキー・ラボは、このレポートを次のような警告で結んでいます。

あなた方のシステム上で動作しているコードを、何も疑いも持たずに直ちに信頼するのは危険だ。

見栄えの良いウェブサイトも、信頼できそうな企業のプロフィールも、デジタル証明書も、セキュリティー保護を回避する”秘密の裏口”が存在しないことを保証するものではない。信頼は勝ち取るものであり、証明されて初めて有効になるものだ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所のセキュリティ比較・解説|ハッキング被害を避けるために
仮想通貨取引所のセキュリティ比較記事です。ハッキング被害などが取り沙汰され、仮想通貨のセキュリティ懸念が強まる中、安全性の高い取引所について、比較・解説しています。
レジャーナノ(Ledger Nano S)の使い方|仮想通貨を安全に管理する方法
仮想通貨取引所のハッキングリスクが問題になる中、仮想通貨資産を安全に保管できるコールドウォレット『Ledger Nano S(レジャーナノS)』の購入方法や初期設定方法、リップル(XRP)の送金・入金方法など使い方を詳しく解説。26種類の対応仮想通貨一覧もあるので、参考にどうぞ。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア