世界初:世界銀行がイーサリアムブロックチェーンで約81億円相当の債券発行へ|起債は8月28日を予定

世界銀行(World Bank)は来週起債する「世界初のパブリックブロックチェーン債券」を、1億豪ドル(81億円相当)に定めたと公表した

この債券(Bondiと名付けられた)は、極貧国における自動化金融システムの効率を高めるために発行され、8月28日にオーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)で起債される。

CBAの報告によれば、Bondi債券はオーストラリアのベンチマーク金利の23ベーシスポイント(BPS)で2.251%の利回りと構成された様だ。

また、Bondiは「カンガルー」債券であり、つまり、海外の機構が豪ドルで発行するものに当てはまり、Bondiは始めて完全にブロックチェーン上で、パブリック投資家から資金調達する債券となるされている。

二週間前、CCNの報道したように、Bondiは世界銀行とCBAが管理するイーサリアムのプライベートブロックチェーンで発行・管理する様だ。

また、世界銀行が利用するクラウドサービスの提供者マイクロソフト社はイーサリアムの機能を肯定しているという。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界銀行総裁はビットコイン否定派か? 
JPモルガンCEOを始め、ビットコインに対して将来性がないという意見をもつ要人は多数存在します。世界銀行総裁のキム氏はJPモルガンCEO同様に否定派の一人なのかもしれません。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら