CoinPostで今最も読まれています

ビットコインETF以外にも好材料続出|機関投資家の参入に向けた取り組みがアメリカで急加速

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインETFの不許可と管理サービスの高まり
米国証券取引委員会(SEC)が、申請されたビットコインETFを不許可にする、または一度不許可を取り消して再審査を宣言するなど、規制局によるETF実現の見通しは不透明なままだ。しかし、バンク・オブ・アメリカが仮想通貨管理関連の特許申請を行うなど着実な進歩が見られている。

ビットコインETFの不許可と管理サービスの高まり

アメリカ証券取引委員会(SEC)は7月末、仮想通貨取引プラットフォームGemniを運営するウィンクルボス兄弟からの「ビットコインETF」申請を不許可とすることを発表しました。

さらに先日、ProShares、GraniteShares、Direxionの3社から申請されていた計9つのビットコインETFを一度不許可にすると発表した後、再審査に持ち込まれましたが、その直前には最注目の「VanEck・SolidX」ビットコインETFの発表が延期されており、依然として認可への道筋は立ってない状況です。

ただし、ビットコインETFによって機関投資家の本格参入が期待される中、仮想通貨管理サービスの発展も急速に進んでいることから、ビットコインETFの実現がなくとも、機関投資家による一定規模の資産流入が見込めるのではないかと考えられています。

そんな中、世界最大級の金融機関「バンク・オブ・アメリカ」が、企業向けの秘密鍵の保管に関する特許を米国特許商標庁(USPTO)に申請したことが明らかになりました。

バンク・オブ・アメリカは、日常的に膨大な数の金融取引を行っており、将来的に仮想通貨が介入してくることも考えられると言及していることから、「今後、企業が仮想通貨を安全に管理していく方法が必要になってくる」と主張しています。

そして申請された特許では、ビットコインをはじめとする仮想資産を機関が安全に保管できる管理システムを提案しています。この特許によって、香港で100億ドル(約1.1兆円)規模の個人、法人向け仮想通貨管理を行う「Xapo」と同様のサービスを提供することができるようになると考えられています。

ビットコインETF以外でも機関投資家参入を促進する取り組み

さらに8月初頭には、ニューヨーク証券取引所の親会社「Intercontinental Exchange(ICE)」が、マイクロソフト、スターバックス、ボストンコンサルティングなどの名だたる大企業と提携し、仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」を立ち上げることを発表しました。

ICE社長のKelly Loeffler氏は、この新規取引所Bakktが、高い効率性、安全性、実用性を有することから、「機関投資家、企業、消費者が、仮想資産投資へ参入するための入口になる」と語り、機関投資家もターゲットとして捉えていることを示唆しています。

さらに8月28日、アメリカ・サウスダコタ州の銀行部によって認可され、仮想通貨管理サービス提供を行う「Kingdom Trust」が、300年以上の歴史を持つ世界最大級のイギリス保険組合「ロイズ」に属する保険引き受け業社と仮想通貨盗難における保険の締結を行ったことを発表しました。

仮想通貨管理サービスは、例え最大限にセキュリティを高めたとしても、内部犯行や自然災害などによる損害を受ける可能性があるため、完全であるとは言えませんでした。

しかし、このように例え資産を失ったとしても、保険組合ロイズのような「補填を保証できる信用性の高い裏付け」ができたことで、大口投資家や機関投資家参入の敷居が下がったと言えるでしょう。

Academie Bitcoin CEOのJonathan Hamel氏が、「バンク・オブ・アメリカ」や「Bakkt」による機関投資家向けの仮想通貨管理サービスが台頭してきていることで、店頭取引(OTC)市場や、機関投資インフラが確実に高まりつつある」と述べているように、仮に”ビットコインETF”が実現しなかったとしても、機関投資家からある程度の流入が見込めると考えられています。

CoinPostの関連記事

米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ
米国NY証券取引所の親会社がマイクロソフトと共同設立した仮想通貨プラットフォーム「Bakkt」は、SECが審査を行う「ビットコインETF」の要求水準をすでに満たしており、初承認に向けて大きな影響を与える可能性がある。
ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る
ビットコインは8日、日本時間早朝4時過ぎに79万円から73万円まで価格が急落、期待感の募っていたCboeのビットコインETFに関するSECの公式文書が発表されたことが、投資家心理に作用し、相場の下落に繋がった。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧