Abra CEO:近い将来「ビットコインETF」は必ず実現することになる

ビットコインETFの実現を予言
現時点でビットコインETF実現の目処は立っておらず、大きな期待と不安が交錯している。そんな中、仮想通貨ウォレットサービス等を展開するAbra社CEOが、米経済番組CNBC内でETF実現の可能性について語った。

世界の金融業界が注目するビットコインETF

ここ数ヶ月間、仮想通貨業界で最も注目されている話題は、「ビットコインETF」でしょう。

2017年12月には、アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、シカゴ・オプション取引所(CBOE)によって「ビットコイン先物取引」がスタートしたのを皮切りに、仮想通貨管理(カストディ)分野においても、イギリスの保険組合「ロイズ」が仮想通貨盗難に対する保険に参入するなど、周辺環境については着々とインフラ整備が進められている状況です。

しかし、諸問題から認可への道筋は一筋縄ではいきません。機関投資家から申請されている数多くの「ビットコインETF」は、米国証券取引委員会(SEC)によって、不許可、または延期判断が行われており、金融マーケットからの期待度の高さとは裏腹に、依然として目処は立っていないのが実情です。

Abra CEOの発言

そんな中、仮想通貨ウォレットおよび、取引所サービスを提供するAbraのCEOを務めるBill Barhdyt氏が、米経済番組CNBCに出演し、ビットコインETFの可能性について、以下のように言及しました。

SECの問題点としては、ビットコインETFの申請者が、規制局が過去に承認してきたモデルに対して準拠しきれていないことが挙げられる。

規制局が何を求め、懸念しているのかを的確に理解した者だけが、晴れて「ビットコインETF」の認可承認を得ることができる。

「ビットコインETF」が実現さえすれば、現時点で大人しくしている大物起業家の参入を加速させることに繋がるだろう。

数あるビットコインETFの中でも、現時点で最も注目されている商品設計は、すでに先物取引を実現している「シカゴ・オプション取引所(CBOE)」も深く携わる「VanEck・SolidX」のビットコインETFであり、二次判断は、2018年9月30日が期限となっています。

しかし、最終判断は最長2019年2月まで延期可能のため、以前、米投資会社BKCMのBrian Kelly氏などが指摘したように、仮想通貨市場におけるルール整備がまだまだ未成熟な現状からも、実現は早くても2019年になるのではないかとされています。

Barhdyt氏は、CNBCのインタビューの最後に以下のように述べました。

ビットコインETFは、2019年には実現するだろう。賭けてもいい。

それほどの需要が存在しているんだ。

CBOEのChris Concannon氏も、SECの懸念点を今後着実に減らしていくことで、受け入れ体制を整えることができる時期がやってくると展望を語っており、ETFの実現は早くても来年以降になるのではないかと考えられています。

CoinPostの関連記事

『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由
「新仮想通貨プラットフォームBakktが予定するサービス内容が既存スキームと異なる点として、”ビットコイン現物”に裏付けられたBTC先物取引があり、実際の資金が仮想通貨市場に流入する」等と言及した。
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック