ニューヨーク規制許可を得たペッグ通貨「Paxos Standard Token(PAX) 」がBinance上場

BinanceがPaxos Standard Token (PAX) を上場させることを発表した。

このPAXは、GUSDと同時にブロックチェーンスタートアップ企業によって開発され、1PAX=1ドル(約112円)で固定されたステーブルコインだ。

すでにPAXのデポジットは開始されており、今後PAX/BNBとPAX/BTCのペアが追加され取引ができるようになっている。

またPAXは、透明性を高めるために監査法人と契約しており、保有・発行されたPAXとドルの月ごとの残高証明を発行している。

参考記事:Binance Will List Paxos Standard Token (PAX) and Opens Deposits

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性
9月10日にウィンクルボス兄弟によって創業された仮想通貨取引所Gemniが、米ドルに裏付けられたペッグ通貨”Gemni Dollar(GUSD)”を発行することを発表した。
ビットコイン財団創立者「GUSDは米ドルと仮想通貨の間に強固な橋をかけるだろう」
9月10日のGeminiによるGUSDの発表に、ビットコイン財団創立者チャーリー・シュレム氏は「GUSDはUSドルと仮想通貨の間に強固な橋をかけるだろう」とその役割に期待のコメント。一方、著名ストラテジスト/コメンテーターのメルテン・デミロース氏は「自然な需要とは言えないのではないか」と懐疑的。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用