CoinPostで今最も読まれています

世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)がeToroに上場
大手ソーシャル投資仲介プラットフォームのeToroが本日、世界最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の独自通貨であるバイナンスコインを同プラットフォームへ上場させたと公式に発表。話題が途切れないバイナンスは企業提携やBNB普及の歩幅を止めない。
eToro(イートロ)とは
イートロは、FXや株取引、商品取引・仮想通貨等を差金決済取引 (CFD) 取引形態で提供するオンライン専用の投資仲介企業である。SNSトレードとしては世界最大級であり、主にヨーロッパとオーストラリアで業務を行なっている。 なお、イートロの最大の特徴として、ユーザーの判断で、優秀なトレーダーの売買をコピーして投資することもできる。また、そのユーザーが他人から優れたトレーダーと判断されれば、他人からコピーされて条件に応じた報酬を受け取ることもできるという。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

eToroがBNB・法定通貨ペアを追加

大手ソーシャル投資仲介プラットフォームのeToroは本日、世界最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の独自通貨=BNB(バイナンスコイン)を仮想通貨プラットフォームへ上場させたと公式に発表した。

eToroは2014年にビットコインの先物取引を提供しはじめて以来、今回のBNBも加え、計13種類の仮想通貨が、仮想通貨/法定通貨、仮想通貨/仮想通貨のペアで取引されている。

なお本稿執筆現在、eToroは日本とアメリカではサービスを提供していない

  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • XRP
  • DASH
  • LTC
  • ETC
  • ADA
  • MIOTA
  • XLM
  • EOS
  • NEO
  • BNB

バイナンスコイン上場の重要性

今まで、仮想通貨バイナンスコインは世界最大級の仮想通貨取引所の一つであるバイナンスでのみ扱われ、主に、取引手数料の割引特典や取引の基軸ペアとして利用されていた。

eToroのマネジングディレクターの一人であるGuy Hirsch氏は、仮想通貨メディアCCNとの取材にて、今回のバイナンスとの提携決定について、以下の様に述べた。

eToroは、明白なユースケース(使用事例)があるプロダクトと透明性のある商品開発ロードマップがある仮想通貨のみを上場させている。バイナンスチームは新しいエコシステムを構築するために革新的なインフラを構築しているので、この市場における需要は高いと考えている。

そして、バイナンスのCEOであるCZ氏もeToroによる上場に対し、以下のように喜びを示した。

我々は、バイナンスコインがeToroに選ばれたことを光栄に思っている。今回の上場により、BNBはこれからもより多くの(伝統金融に馴染みのある)人へ届くだろう。

バイナンスコインの普及

バイナンスは以前から、オーストラリアの決済専門スタートアップTravelbybitにおよそ2億8千万円を出資するなど、バイナンスコインによる決済手段を拡大することに注力していた。

また、先月シンガポールで開かれたConsensusカンファレンス内でCZ氏は、一年後には法定通貨も取引可能の取引所を世界に5~10設立する目標を発表している。

これに加えて、eToroによるBNB取引提供は、現物の取引ではないものの、今まで無かった法定通貨ペアの取引により,今後バイナンスコインに対する認識の増加と、現物に対する需要の増加が期待されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが今夏行なった西日本豪雨被災地支援を目的とした募金活動について報告書を発表。ビックカメラ、広島県呉市やももたろう基金などが総額約5670万円分の寄付金支払いを仮想通貨で受けた。
2019年中に全大陸に2取引所を開設予定:世界最大取引所バイナンスの目指す先
9月19日、20日にかけて行われたCoinDesk Consensus Singapore 2018に仮想通貨取引所Binance CEOのCZ氏が登壇し、来年の今頃までに法定通貨と仮想通貨の取引を可能にする5~10つの取引所の設立を検討していることを明らかにした。先日発表された法定通貨シンガポールドルと仮想通貨の取引所もその計画の第一歩であるとされている。CZ氏は、その法定通貨と仮想通貨の取引所を開設して行く上で、現地規制局や銀行とのやりとりが大きな課題となっていることを明かした。そして、最終的な目標は分散型取引所の普及であると言及している。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
仮想通貨融資企業BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧