サイバーセキュリティ企業が新種の「仮想通貨マイニングマルウェア」を発見|ダークウェブ上で7000円相当の売買事例も

新種マルウェア:感染したPCを利用しマイニングも
先月、サイバーセキュリティ企業「enSilo」の調査員Ben Hunter氏は、新たな多目的攻撃ツールのマルウェア「L0rdix」を発見した。PCが感染すると、データが盗難されることや、仮想通貨のマイニングに利用されることが報告されている。現在このマルウェアのウイルス対策ソフトウェアは開発されていない。

新種マルウェア:感染したPCを利用しマイニング

先月、サイバーセキュリティ企業「enSilo」の調査員Ben Hunter氏は、新たな多目的攻撃ツールのマルウェア「L0rdix」を発見した。

PCが感染すると、データが盗難されることや、仮想通貨のマイニングに利用されることが報告されている。

現段階で、このマルウェアがウイルス対策ソフトに検知されることがなく、未だに、このマルウェアに対処できるウイルス対策ソフトウェアは開発されていないとのことだ。

このマルウェアはWindowsベースのマシンを感染するように設計され、現在サイバー犯罪者らによって、ダークウェブなどのアンダーグラウンドなフォーラム等において、7,000円ほどの価格で売買されているそうだ。

出典:enSilo

出典:enSilo

Hunter氏は、このマルウェアが開発途中である可能性を指摘し、今後、さらに高度で洗練された「L0rdix」が現れるかもしれないという。

このマルウェアに対処するための解決策の発見が、喫緊の課題となっている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

セキュリティ研究者が警告 脆弱性を突く仮想通貨ハッキングの予兆を指摘
ネットワークセキュリティ関連レポートサイト Bad Packetsを運営するコンピュータセキュリティ研究者のTroy Mursch氏は、12月に入り、イーサリアムウォレットやマイニング機器に対する大規模なスキャン活動が観測されており、その数は11月に比べ、3倍にまで増加している事を指摘。過去の事例から脆弱性をつくハッキングの予兆を指摘した。
マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害か|米裁判所に陪審裁判を申請
マイニング大手のBitmainがBinanceの口座で保有していた約6.2億円相当のビットコインが、ハッカーによって盗まれていたとする訴状文書が公開された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら