約10億円相当の仮想通貨BNBをバーン 大手仮想通貨取引所バイナンスが報告

仮想通貨取引所バイナンスが10億円相当のBNB通貨をバーン
大手仮想通貨取引所バイナンスが約10億円分の独自トークンであるバイナンスコイン(BNB)をバーンし、通算6度目の通貨消滅イベントとなった。

仮想通貨取引所バイナンス、独自トークン6度目のバーンを決行

大手仮想通貨取引所バイナンスが発行する時価総額13位のバイナンスコイン(BNB)においてされ、940万ドル分(約10億円)、通算6度目となるバーンが行われていた事が公式発表された。

バーンとは

通貨の何割かを消滅(バーン)させて流通量を減らすこと。流通量が減少することにより、希少性が増すため高騰しやすくなるとされている。

なお、仮想通貨取引所バイナンスが過去に決行したバーンしたBNB通貨の数は以下の通りである。

出典:Binance

  1. 986,000BNB
  2. 1,821,586BNB
  3. 2,220,314BNB
  4. 2,528,767BNB
  5. 1,643,985.16BNB
  6. 1,623,818BNB

今回バーンされた1,623,818BNBは10月1日から12月31日までの期間分で、前回9月末にバーンされた通貨数(1,643,985.16BNB)とほとんど近い結果となった。

しかし、ビットコインを筆頭とした仮想通貨市場の全体的な下落により、バーン数は近いものの、ドル換算では前回のバーンは約1700万ドル(約18億円)に相当した額だったが、今回のバーンは940万ドル(約10億円)となっている。

なおバイナンス側は以前、四半期ごとに利益の一部を利用してBNBの買い戻しという形でバーンを決行する方針を表明しており、最終的なBNBトークンの流通量が1億BNBになるまで続ける意向を示している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。
仮想通貨取引所バイナンスが独自トークンセールプラットフォームを再開|毎月一つのICOをローンチする計画
世界No.1取引高のBinanceは独自のトークンセールプラットフォームである『ローンチパッド』で、2019年から毎月一つのICOプロジェクトをローンチと発表。今すでに2つのプロジェクトが予定中。バイナンスの最新状況もまとめている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら