CoinPostで今最も読まれています

2018年の仮想通貨「盗難被害」が約1900億円、日韓中心に前年比400%増|出口詐欺の実態とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2018年の仮想通貨の盗難被害が約1900億円
米企業CipherTraceが「仮想通貨AMLレポート 2018」を公開。仮想通貨の盗難被害総額は2017年の3.6倍以上に及び、日本と韓国の被害額は全体の58%を占めた。世界各国で急増する「出口詐欺」の実態も探る。

2018年の仮想通貨の盗難被害が約1900億円

米仮想通貨調査企業CipherTraceは、最新報告書『仮想通貨AMLレポート 2018』を公開し、17億ドル(約1800億円)に相当する仮想通貨が盗難被害に遭ったことを発表した。

この内、約1000億円は仮想通貨取引所やウォレットなど保管および交換サービスから盗まれており、これは2017年の被害総額の3.6倍以上に及ぶ。580億円相当のXEMが不正流出した「コインチェック」事件などがあったことで、日本と韓国の被害額が全体の58%を占めた。

レポートの中で、「犯罪者は国際アンチマネーロンダリングと反テロ資金の規制が2020年より有効となる前に、詐欺やハッキングの手段で手に入れた資金を洗浄する必要がある」と指摘している。

出典:ciphertrace

急増する出口詐欺

しかし、特筆すべきは急増する出口詐欺(インサイド・ジョブ)や不正行為で、2018年のQ4(10月〜12月)では、投資家や仮想通貨のユーザーから資金を騙し取る「出口詐欺」が主な犯罪行為となっていたため、本文では、これに関して詳しく見ていく。

まずCipherTraceは仮想通貨業界に関する脅威や問題点のトップ10を整理したが、その主要項目を以下のように取り上げる。

  1. 携帯電話のSIMスワップ=被害者の携帯SIMに侵入し、ウォレットや口座の情報を盗む
  2. 仮想通貨ダスティング=マネーミクサーから仮想通貨を送金し、被害者の名誉を損なう
  3. 経済制裁回避=イランやベネズエラが仮想通貨を利用し、経済制裁を回避する
  4. 仮想通貨ミクサー=仮想通貨取引所で金銭洗浄する
  5. 闇マネーサービス業務=銀行が大元の金融機関の正体を知らずに無免許の金融サービスに銀行業務を提供

同報告書によると、2018年において投資家は出口詐欺の被害を受け、約8億ドル(875億円)分の損失を被っている。

実際の事例

出口詐欺とは、ICOや取引所などにおいて、創設者や運営側がユーザーの資金を騙し取り、持ち逃げすることだ。

2018年に起きた、主な仮想通貨関連出口詐欺事件は、以下のような事例がある。

  • 2018年4月、ベトナムの仮想通貨企業Modern Techが、ICOの「Pincoin」から6億6000万ドルを調達した。最初のうちは投資家に利益を渡していたが、すべての資金を巻き上げて逃げたことが後日判明。
  • 2018年10月、カナダの小規模仮想通貨取引所MapleChangeは、ハッキング被害を受け、913ビットコイン(当時の時価総額で約600万ドル)を失ったと称して、ユーザーへの返済を不可能とし、取引所および公式SNSのアカウントを閉鎖した。
  • 2018年11月、韓国、Pure Bitという取引所を立ち上げるために、イーサリアムによるICOで300万ドルを調達しこれを持ち逃げしようとしたが、取引所Bithumbが犯人の口座を凍結し、警察も介入したせいか、犯人はすべての資金を投資家へ返済した。

直近では1月29日、カナダのトロントに本社を置く仮想通貨取引所「QuadrigaCX」が、ユーザーに知らせずにメンテナンスを行なったことで、利用者から批判の声が上がっている。

以前、カナダの5大銀行の一つであるCIBCが同取引所の業務口座を凍結し、ユーザーから預金を引き出しできなくなったため、裁判まで起こした同取引所だったが、勝訴したにも関わらず、利用者から資金を引き下ろせない状況にあるなど、依然として問題は解決されていない。

仮想通貨業界はいまだ世界基準の規制が定まっておらず、各国による規制のレベルも異なる中、出口詐欺など様々な詐欺が起こり得るため、注意を払う必要があると言える。

QuadrigaCXに関する詳しい内容はこちら

問題山積のカナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」利用者に報告をせずサービス停止
カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」に、数時間アクセスできない状況が続いている。同取引所は、サービス停止後しばらくして、メンテナンス中との声明を発表したが、利用者らに対して、メンテナンスに関する事前報告を一切行なっていなかった。
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア