ウォール街で仮想通貨等の啓蒙活動を行う業界団体、規制当局との協力体制構築を目的にR3コンソーシアムへ加盟

ウォール街のブロックチェーン団体がR3に加入
ウォール街でブロックチェーンや仮想通貨の啓蒙活動などを展開する非営利団体WSBAが世界中から300以上の金融機関が参加するR3コンソーシアムに加盟する事を発表した。R3社CEOのDavid Rutter氏は今回の提携が「規制当局と協力する戦略的アプローチを推進する」と言及している。

R3コンソーシアム、ウォール街のブロックチェーン団体が加入

米ウォール街のブロックチェーン非営利団体、Wall Street Blockchain Alliance(WSBA)は、2月5日、Cordaプラットフォーム上の新たなアプリケーションとソリューション開発を目的に、ブロックチェーンコンソーシアムR3社と提携することを発表にした。

WSBAはウォール街企業を対象に、仮想通貨やブロックチェーンの中立的な啓蒙活動を行う非営利団体で、今回の提携について同団体のCEOであるRon Quaranta氏は以下の様に言及している。

R3と提携することで、Cordaが世界中で可能にする様々なユースケースを我々の商業組合に紹介できる。業界を牽引する団体との提携は、会員全体が恩恵を受けることとなるだろう。

この様に、WSBA当局とも協力しながら、金融市場がブロックチェーン、スマートコントラクト等技術の可能性を最大限のに実現、利用できる環境をつくることを目的として活動している。

WSBAには、世界4大会計事務所の一角であるKPMGや、オープンソースのブロックチェーン技術推進コミュニティであるHyperledgerもメンバーに名を連ねている。

一方でR3は、ブロックチェーン技術を用いてグローバルな金融機関に向けた様々な問題解決方法を提供している開発企業で、「R3コンソーシアム」を主導し、そこで用いられるオープンソースの金融機関向け分散型元帳プラットフォーム「Corda」を提供、SBIとも合弁会社を進めるなど、Ripple社に並んで、ブロックチェーン決済領域で注目されている。

R3社の相次ぐ企業との提携

このR3コンソーシアムには、世界各国の中央銀行や規制機関を含む各種業界から300団体以上が参加しており、金融(シンジケートローン、貿易金融、保険)、不動産、サプライチェーン等の幅広い事業分野における分散台帳技術の活用に向けたプロジェクトを推進している。

R3は2014年にR3は2014年にDavid Rutter氏によって設立されたスタートアップ企業であるが、2019年に入ってから同社からは相次いで注目すべき提携が発表されている。

今年1月30日、SBIホールディングスはR3と合弁会社「SBI R3 Japan株式会社」設立に関する契約締結を発表した。同社は日本におけるCordaライセンス提供や導入支援、企画立案等を行い、日本でのCordaの関連事業の展開をしていく。

さらに、大手国際送金システム企業SWIFTのCEOであるGottfried Leibbrandt氏も同日、フランスの首都パリで開催された「Paris Fintech Forum」にて、自社開発の新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、R3の「Corda Settler」を統合することを明かした。

また1月31日には、ブロックチェーンのコンサルティングやマーケティングのサポートを手掛けるCTIA社もR3 LLC社と開発パートナー契約を結び、最新のCordaを活かして、貿易会社向けの商業取引向けサービスの提供を発表した

今回のWSBAとR3の提携ついてR3社のCEOであるDavid Rutter氏は「金融機関を含む全ての業界がブロックチェーンの機能を最大限に活用できるように、規制当局と協力する戦略的アプローチを推進するもの」と説明している。

今後もSBIやCTIAのように、R3社と提携を結び、Corda製品によるソリューション開発や事業展開を行う企業が増えるだろう。R3社の活動からますます目が離せない。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

SBIホールディングスと米ブロックチェーン企業R3が「合弁会社」設立|日本でのCorda関連事業展開へ
SBIホールディングスとアメリカのブロックチェーン企業R3が、合弁会社の「SBI R3 Japan株式会社」設立したことを、昨日SBIホールディングスが発表した。日本でのCordaの関連事業の展開が目的だ。
国際送金システムSWIFTがR3の「Corda Settler」を統合|仮想通貨の利用やRipple社との提携についての言及も
大手国際送金システム企業SWIFTのCEOは「Paris Fintech Forum」にて、自社開発の新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、米ブロックチェーンフィンテック企業R3の「Corda Settler」を統合することを明かした。Corda Settlerを利用するが、仮想通貨による決済ではない可能性も高まっている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら