公開を控え期待感高まるICE運営「仮想通貨取引所Bakkt」の偽サイトが出現|嘘のローンチ日時を掲載や個人情報要求も

Bakktを装う偽サイトが現れる
Bakktを装った偽サイトが発見されており、同サイト上では、個人情報やビットコインアドレスを入力するように誘導している。詐欺に遭わないためにも、細心の注意が必要だ。

Bakktを装う偽サイトが現れる

Bakktを装った偽サイトが発見されている。

その偽サイトは、かなり巧妙に作り込まれており、そのページのトップには「Bakkt ローンチ予定日3月12日」と記述されているが、現在、Bakktのローンチ予定日の公式発表はされていない。

Bakkt偽サイト

ページ内の文章を読み進めると、「投資家の方で、Bakktプラットフォームに投資をしたい方は登録してください。」とリンクと共に記載され、そのリンクをクリックすると、個人情報の入力フォームへと移る。

Bakkt偽サイト

個人情報を入力後、以下のページに誘導される。

Bakkt偽サイト

その後、上図のページにて、得た利益を還元するためと謳い、入力欄にビットコインアドレスを入力するよう指示される。

ただアドレスを入力しても、ビットコインが振り込まれることはない。

IPアドレス、ドメイン名の登録者情報を確認できるウェブサイト「Whois」で、同サイトの情報を調べると、登録日が今年1月31日で、登録地域はパナマとなっている。

Bakkt偽サイト

Bakktの親会社であるICEの関係者も、「あのサイトはBakktのサイトではなく、我々がそのような手段でコミュニケーションを図ることはない。」と発言しており、同サイトが偽サイトであることは明らかとなっている。

個人情報や資産の保護といった観点からも、詐欺に合わないためにも、細心の注意が必要だ。

最近のBakktの動向

先月から、世界最大級のニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるICEが設立した仮想通貨取引所Bakktは、新たに企業買収を行う動きを見せている。

BakktのCEOを務めるKelly Loeffler氏は日本時間15日、公式ブログにて、Bakktが現在、独立の先物取次(仲介)企業Rosenthal Collins Group(RCG)の一部の株を取得する契約の段階に入ったと明らかにしている。

先物取次業者(FCM)とは

米国において、先物取引の勧誘、受託、証拠金の受入れなどの仲介業務を行う先物取次業者。FCMは商品取引所法およびCFTCのルールにより、CFTCへの登録を義務付けられている。

Loeffler氏によれば、RCG社は100年近くの実績を持つ企業であり、昨年の12月には、世界有数の商品仲介業者Marex Spectronに全ての顧客口座を売却することを発表した。

そして、今回のBakktによる買収は、Bakktのプラットフォーム開発のための、RCG社の重要な技術的資産の取得を目的としており、2月に契約を完了し、RCG社のチームをBakktへ迎えるとしている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPostの関連記事

米SEC、4部署の通常業務再開を公式発表|ビットコインETFやBakktの申請状況への影響は
25日に一時的に終わった米政府閉鎖、SECはこれにて各部署の通常業務を再開すると公式で発表した。今回の政府再開は3週間に限られるため、ビットコインETFの申請を取り下げたVanEckや、現在申請中のBitwiseにどのように影響があるかは未だ不透明とされる。
米国最長の政府閉鎖が一時停止|目先材料にビットコインETFが消えた今、Bakktや仮想通貨市場への影響は?
昨年12月22日より続いていた政府閉鎖に至っていた問題で、米トランプ大統領は米25日、政府の一部閉鎖を3週間だけ解除する暫定予算案に署名した。一部閉鎖を3週間だけ解除する米連邦政府の動向から、目先材料にビットコインETfが消えた今、Bakktのビットコイン先物申請の動向への影響を考察。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック