国内仮想通貨市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに|自主規制団体が統計情報を初公開

国内市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに
リップルのJPY建保有額は、ビットコインの656億を大幅に上回る989億円となり、イーサリアムの保有額164億円の6倍であることが分かった。なお、BCHは61億円、MONAは36億円、LTCは14億円となっている。

国内市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに

金融庁の認可を得た自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は20日、国内の仮想通貨交換業者18社(みなし業者含む)における統計情報を開示した。

JVCEAの資料(2018年12月31日時点)の中で、日本円(JPY)建ての仮想通貨現物保有量も明かされており、ビットコイン656億円に対し、リップル(XRP)は989億円に達していることが判明した。現物買いの枚数は、中・長期的な視野での期待感を示唆しており、このデータからも、日本投資家ののXRP人気の高さを如実に表していると言える。

なお、2018年12月次のデータでは、現物取引高は、7774億5100万円。証拠金取引高は、8兆4152億円。JVCEAに加盟した仮想塚交換業者の「利用者預託金残高」は、2069億円規模に上ることが確認できる。

現物保有額(2018年12月次)

現物保有額上位の仮想通貨は、以下の通り。

  1. リップル:989億円
  2. ビットコイン:656億円
  3. イーサリアム:164億円
  4. ビットコインキャッシュ:61億円
  5. モナコイン:36億円
  6. ライトコイン:14億円

現物取引高(2018年12月次)

現物取引高上位の仮想通貨は、以下の通り。

  1. ビットコイン:4051億円
  2. リップル:3051億円
  3. ビットコインキャッシュ:300億円
  4. イーサリアム:213億円
  5. モナコイン:76億円
  6. ライトコイン:5億円

CoinPostの関連記事

ビットコインは週足MACDゴールデンクロス、急騰したリップルには海外勢の高い関心|仮想通貨市況
高騰中の仮想通貨ビットコインの好材料と指標を分析。急騰したリップル(XRP)では、SBI北尾氏インタビューに海外勢の関心も。また、米大手投資コンサルが機関投資家の市場参入に言及した。
SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用