CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン取引高の95%に水増し疑惑、ETF申請企業が米SECに報告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bitwiseのレポートがビットコインにおける市場操作を指摘
暗号資産運用会社BitwiseがビットコインETF申請の一環として米SECに提出した資料によると、1日あたりのビットコイン取引量の95%が”フェイク”であるという。また取引所による取引量操作についても言及し、実際の取引量が示されている取引所とそうでない取引所のデータ上の違いについても説明した。

Bitwiseが仮想通貨市場における人為的な操作をレポートで指摘

米暗号資産運用会社のBitwise Asset Mnagementが自社のビットコインETF申請プロセスの一環として米SECに提出した200ページ以上のレポート「本当のビットコイン市場」の中で、一般的に報告されている現物ビットコイン取引高の95%が「フェイク」であることが言及されている。

Bitwiseが、CoinMarketCapは1日あたりのビットコインの取引高をおよそ60億ドル(約6500億円)と報告しているが、その実際の取引高は2.73億ドル(約295億円)であるとする。この数字は、報告されている額のおよそ4.5%である。

また同レポートでは、取引所による取引高の操作についても言及しており、1日あたり100万ドル以上の実際の取引がある取引所の数は僅か10社に留まるとしている。以下が実際の取引量が100万ドル以上あるとされる10の取引所である。

世界取引高No.1のBinanceや米大手Coinbase、国内大手のbitFlyerなどがランクインしている。

出典:Bitwise

同レポートは、確実な取引高をもつ取引所と、水増ししている取引所では、そのデータにいくつかの相違が生じたとしている。

その1つが、全体出来高に占める小口取引の割合だ。

同レポートによると、以下グラフが示すように、確実な取引があるとされる取引所では0〜0.1 BTC、0.1〜0.2 BTCなどでの小口の取引が多くなっている。

出典:Bitwise

しかし、以下のグラフのように、水増しの取引高とされる取引所においては小口取引は少なく、大口取引が多い傾向にある。

出典:Bitwise

また同レポートは、もう1つの違いとして取引高の推移を挙げている。

以下のグラフのように、水増しが見られない取引所では、それらが同一のマーケット動きの一部として機能していることから、その取引所間で取引量の推移が類似する。

出典:Bitwise

しかしそうでない取引所では、以下のグラフのようにそれぞれの取引所でその取引量の推移にばらつきが生じている。

出典:Bitwise

以上の違いが、確実な取引量がある取引所かそうでないかを見分ける基準としてレポートで主張されているものだ。

一方で市場の健全性も主張

同レポートでは市場操作などの指摘がされている一方で、ビットコイン市場の健全性も主張されている。

以前より、SECは複数のビットコインETFの申請に対し、「市場操作の傾向」や「不健全な市場」などを理由で、否決の判断を下してきたが、Bitwiseのレポートによると、水増しの疑いがかかっている取引高を除いたビットコインの本当の取引高は、その時価総額を鑑みると「至って健全」としている。

その根拠の1つとして、「ゴールド」における時価総額に対する現物取引量の割合とビットコイン(実際の取引量で計算)におけるそれらの比較を挙げている。

以下ののように、ゴールドはその時価総額に対する1日の「現物取引高」の割合は0.55%。ビットコインの場合は0.39%とされる。

出典:Bitwise

そのようにゴールドとビットコインのその割合は近く、それをビットコインの健全性の1つとしてレポートは主張する。

またレポートでは、市場が健全化している例として、取引所間でのビットコイン価格乖離の著しい減少を指摘。以下のグラフのからは、それが改善傾向にあることが読み取れる。

出典:Bitwise

その他にも、実際の取引量を報告する取引所はそれぞれ当局の規制下で運営されていることなどからも市場の健全性を主張した。

今回のレポートに対する有識者の反応

Bitwiseの詳しいレポートに対し、複数の仮想通貨有識者が意見を示した。米規制当局の内情に精通するJake Chervinsky弁護士は同レポートの完成度を以下のように賞賛している。

今回のBitwiseチームの資料はすばらしい。

私が以前に発言したように、市場操作はSECのビットコインETF承認を遠ざける主な要因だ。Bitwiseはそれの解決の糸口をつかんだように見える。

また、マーケットアナリスト兼経済学者のAlex Krüger氏も反応を示しており、ツイッターで以下のようにレポートの欠点を指摘した。

ビットコイントレード全体および、「Bitwise Bitcoin ETF Trust」において、最も素晴らしかったプレゼンだ。

ただ、1つ欠点があり、それはBitMEXへの言及がない点だ。 ビットコイン価格においてそれは最も重要な取引所であり、それに関する分析も必要である。

同氏は、以前SECが指摘した「規模のあるビットコイン市場」ではないことに対し、「BitMEXの取引高はBitwiseがリストアップした10の取引所の取引高より3.5倍ほど多いため、最も規模のあるビットコイン市場だろう。」と述べた。

なお、今回Bitwiseのレポートを受けた米SECであるが、来週中にBitwiseが申請している「Bitwise Bitcoin ETF Trust」に対して、初の可決判断、もしくは延長の判断を下すことになっている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米SECが審査中の「ビットコインETF」に関するパブリックコメントが激減|過去の経緯から見る今後の展望
ビットコインETFが材料視され、BTC価格に大きな影響を及ぼした昨年9月に寄せられた1400以上のコメント数と比較すると激減。4月上旬の可否判断は、市場からは延期すると見られている。
BitwiseのビットコインETF、ルール変更の申請をNYSEアーカが提出|仮想通貨市場操作への懸念に対応
デリバティブ取引所NYSEのアーカ(Arca)がBitwiseが新たに提出したビットコインETFに関していわゆる「ルール変更」の申請を提出した。SECの市場操作への懸念に対し、その影響は抑止されているという。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア