CoinPostで今最も読まれています

なぜバフェット氏はビットコインをバブルだと考えるのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バフェット氏は、仮想通貨は、物理的には存在しないものであり、利益も配当もないため、評価が難しいとの考えを示している
仮想通貨がこの現代金融において入り込む余地はあるとしているものの、ビットコインなどの仮想通貨に対しては懐疑的です。

もし何かが”仮想”だとすれば、それは実際に存在するのでしょうか?

この質問は、我々がホモ・サピエンスであった時代から私たちを悩ます種となっています。

ビットコインや、その他の仮想通貨を語るにおいて、この問いは非常に重要なものとなっています。

私たちは、株式や債権、紙幣、そして、商品としてのトウモロコシや麦の売買を行うことができますが、これが成り立つのは、実際にこれらのものがこの地球上に存在しているからであり、多くのものが電子化される傾向になっていることを考慮しても、それらを物理的に輸送することができるのです。

そんな中で、史上最高峰の投資家とも謳われるウォーレン・バフェット氏は、

ビットコイン価値を生み出すものでないため、ビットコインを評価することはできません。そのような意味でいうと、本当のバブルでしょう。」

と言及しました。

今までのバフェット氏の評論を読み続けえきた人達からすると、彼の観点は正しいように思います

仮想通貨は有形資産ではないですし、利益や配当があるものでもありません。

本質的な価値、または、帳簿価格も無いのであればどのように評価すればよいのでしょうか。

そして、ビットコインを購入している人は、価格が上がることに賭けているにすぎません。

現代の金融において、仮想通貨が入り込む余地は充分にあると私は主張してきましたが、政府がその仲介通貨を独占することには疑問を抱いています。

私たちには、コンピュータのコードが実際に、現物通貨を代替できるのかを考えるべきなのです。

を含む、通貨重要な要素は、その総量が限られているということです。

これは、政府が紙幣を刷り続けると多くの場合インフレーションが起こることからも正しいと言えるでしょう。

ビットコインにも、上限はあるとされているようですが、どのようにして作成されたのか、誰によって作成されたのかが明確でないことは問題であると感じます。

しかし、バフェット氏には本質的に危惧していることがあるのです。

何が起きているか分かり得ないということは、透明性の欠如を表しており、それは、実際の価値はない可能性もあるのです。

彼は、以下のように語りました。

「私にはよく理解できません。ビットコインは、規制されていないですし、コントロールもできていないですし、連邦準備制度や中央銀行によって管理されているわけでもありません。私は、ビットコインを全く信用していないのです。これは、将来破滅するのではないかと思っています。」

人々は、株式や希少性のある金属という従来の投資商品に対して投機を行うこともできますが、ビットコインがそれらとは、似て非なるものであることを理解するべきなのです。

PayPalの創業者の1人である Peter Thiel (以下、シエル氏)は、

「ビットコインは、金とは違うもの」

と語っています。

さらにシエル氏は、

「私は、ほとんどの仮想通貨に対して懐疑的です。そして、多くの人がそれは、金のように資産保全のようなものだと、少々過信しているように思います。さらに、それは支払いに使用する必要もないのです。」

と言及しました。

私たちは、このように相違を測るべきです。

まず、全世界で採掘された金は、集められたとするのであれば、大きなスイミング・プールに物理的に入れることが可能なのです。

しかし、仮想通貨では、そうはいきません。それは、仮想名義の資産としての評価を再確認させるものであると考えています。

土地やサッカーの試合などに投機を行うことは、個人の自由です。

それは、人間の性です。

しかし、仮想通貨は、金のように物理的にあなたが手に取れるようなものではないことを認識しておくべきなのです。

Why Buffet Sees Bitcoin Bubble

Nov6, 2017 by John Wasik

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

投資の神様として知られているウォーレン・バフェット氏が、ビットコインや仮想通貨に懐疑的な印象を持つことは、誰が管理し、どこで発行されているのかわからないものであることが要因であります。

このことは機関投資家も同じようにビットコインを捉えているため、今までは運用資金をビットコインに向けることはありませんでしたが、その状況が変わりつつあるのかもしれません。

先物のビットコインやETFと言った金融商品が誕生する可能性が高くなっています。

しかし、これが実現したとしてもそれは商品として取り扱われることであって、ビットコイン自体の仕組みに変化はありません。

バフェット氏のようにこの仕組み自体が新しいものであるため、懐疑的な印象を持つ人のビットコインに対する考えの変化がビットコインをはじめとする仮想通貨の広がりにも影響を与えることになるでしょう。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア