CoinPostで今最も読まれています

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今後の価格
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、国際的な取引、支払いを行う企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。よって、XRPは今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えられています。

XRPに関する質疑応答

―銀行がリップル・プラットフォームを採用したとしても、送金方法としてXRPを取引に使用しなかった場合、XRPの価格はどのように上昇するのでしょうか?

回答内容

回答者:David Schwartz, リップル社チーフ暗号作成者(2011~)

リップル社は、仮想通貨XRPもブロックチェーン技術も用いない、取引処理ソフトウェアの提供ビジネスも行なっています。

これは、相互暗号化メッセージングが支払進捗の照会を可能にさせ、必要なコンプライアンス情報が取引に含まれていることを保証し、事前に料金を正確に把握することができ、迅速で信頼性のある送金金額の確認ができることから、国際間支払を向上させています。

これは、お金の流れが既存の銀行システムと同じであることを考慮しても、銀行にとっては大きな進歩なのです。

リップル社は、ネイティブ資産であるXRPを使用してパブリック・ブロックチェーンを構築しました。そして、そのブロックチェーンは、非中央集権型適切な管理の仕方早い取引速度流動性の高さMultisign機能キーローテーションペイメントチャネルなどの様々な良い特徴を持ち合わせています。

銀行が、ブロックチェーン技術を採用するのが難しい理由は、ブロックチェーン技術自体に問題があるわけではなく、管理、応諾、銀行システムへの適応などその他のところに問題があるのです。

しかし、私たちのソフトウェアはそれに対応することができ、結果的にXRPを使用した方が取引が割安になるのであれば、XRPも使用することができるのです。

USDとEURのような最も人気のある為替経路は既に効率的に運営されているため、リップル社はそのような為替経路をターゲットとしていません。

しかし、EURとINRなどの為替取引ではマージンが取りにくいことから、未成熟であり、ある程度の出来高がある市場は非効率的であることがわかります。

よって、EURとXRP及びXRPとINRの組み合わせを作成しXRPがブリッジ通貨の役割を担うことで、より効率的に為替取引を行うことができ、現時点で中継銀行が担っている役割を代替することができると考えています。

そして、一つの為替経路確保後は、その経路の末端にある国々を外していき、XRPの範囲を広げていければと考えています。

あなたの会社が、アップルのような資金力豊富な会社だとします。もし、他の資産を安価に取得したいのであれば、売却側が欲する資産を保有しておく必要があります。

つまり、もし私たちの為替経路のどれかを利用したいのであれば、XRPが必要なはずなので、あなたはXRPを保有しておくべきなのです。

もしリップル社が、XRPを媒体資産として国際支払に、正式採用することができたのであれば、Uber や Airbnb のような世界中で支払いが行われ、その支払いを極力安価で迅速に行いたいと思っているような企業によって XRP の需要は急激に上昇するでしょう。その理由は、以下の2点によるものです。

1:これらの企業には、市場価格よりも安い価格でXRPを購入する方法があるのです。彼らは、USDでの購入を考えていると仮定します。誰かがXRPを使用したUSDでの支払いを行うのを待ち、彼らはUSDを提供すると、支払いの逆方面からのXRP取得が可能です。 これらの企業は、XRPの流動性を提供しているので、市場価格よりも安くXRPを取得することができるのです。

2:企業は、XRPによる支払いを行うことで、コストを半減させることができます。企業は、XRPによる為替経路で支払いを行うと仮定すると、既にXRPを保有しているので、支払いの際に ”XRPに変える” という部分のコストを削減することが可能になるのです。

このように、XRPを保有していることにより、コスト削減を見込め、この2つのオペレーションでのタイミングに適応することができ、結果的に、XRPの需要を押し上げます

そして、この需要の高まりは、XRPの価格も上昇させることになるでしょう。このような考え方は、世界中で支払いが行われている企業であれば、どの企業にも当てはまります。

最低でも、それがリップル社の目指しているビジョンなのです。詰まるところ、このような活動の目的は、XRPの需要を高め、私たちが保有しているXRPが生み出せる価値を高めることにあります。

Considering that the banks don’t use XRP coins for their transactions, how can the XRP price go high even if the banks adopt the Ripple platform?

Nov 13, 2017 by David Schwartz, Chief Cryptographer at Ripple

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

リップル社は、XRPを利用したxRapid送金だけでなく、xCurrentやxViaなど多くの送金ソリューションを提供していることから、XRP投資者が一番気になるXRPが世界の送金に使われるのか?という質問に対するリップル社チーフ暗号作成者David Schwartz氏の回答を紹介いたしました。

注目すべき点は、 国際送金をリップルのソリューションで提供しつつ、安価なXRP利用の送金システムも選択肢として柔軟に対応できると書かれている点

また、リップル社が主張する発展途上国との国際送金にXRPを利用するxRapidが適していることについても、主要国が有する通貨ではない国の送金時為替スワップの改善策として適しており、注力していると書かれている点です。

結局のところ、XRPを利用しないリップル送金ソリューションが世界で採用される事例が相次いだとしても、XRP送金システムの選択肢も付随し、自ずとXRPの需要増加にもつながるということではないでしょうか?

リップル社は着実に土台を固めており、幅広く薄い視点ではなく、国際送金の新時代に絞った活動を進めています。

XRP投資者は、どうしてもXRP採用の送金事例に目が行きがちになるのは仕方がないことですが、リップル社のどのソリューションが採用された場合でも、世界の国際送金採用はブロックチェーン企業としてはとても偉大なことであり、結果としてXRPにも注目が集まるという意味でも共に成功を喜ぶことが、送金革命を起こす可能性があるリップル社やXRPに投資するということにつながるのではないでしょうか?

今後もリップル社の軌跡を記事でご紹介し、共に応援して行きたいと思います。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧