CoinPostで今最も読まれています

ビットコインで報酬を還元するアプリ、大手ホテル予約サイトと提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Lolli、Hotels.comと提携、グローバル展開の布石
大手ホテル予約サイト「Hotels.com」が、米国発のビットコイン報酬スタートアップ「Lolli」と提携を結んだことが明らかになった。Lolliはビットフライヤーとともに、ネットショッピングなどでBTCが付与されるプログラムも展開している。

Lolli、Hotels.comと提携

大手ホテル予約サイト「Hotels.com」が6月25日、米国発のビットコイン報酬スタートアップ「Lolli」と提携を結んだことが明らかになった。Lolliの共同設立者でCEOのAlex Adelman氏がSNSで発表した。

ビットコインを手に入れる方法はマイニングと交換所での売買が主流だが、オンラインショッピングでビットコインを報酬として受け取ることを可能にしたのが、Lolliの開発したブラウザ拡張アプリだ。そして、デジタル化の進展により大きな変革を遂げたグローバル産業である旅行業界と、国境を持たないビットコインとの相性は抜群だと言えるだろう。

ただし、世界で気軽にビットコインが使えるほど、その普及は進んでいない。

Adelman氏は「グローバルな代替通貨および普遍的な価値の保存手段として、ビットコインの力を強く信じている」ビットコインの信奉者であり、「できるだけ多くの人とビットコインを獲得、所有、共有できるようにすること」を目指して、Lolliを設立したという。

複数のオンラインストアで共通して使用できるショッピングカートアプリの開発経験を持つAdelman氏が目をつけたのは、仮想通貨に馴染みのない新しいユーザーのための入り口として、ポイント還元やロイヤルティプログラムといった小売業界の販促方法が役に立つのではという点だった。

昨年11月のシード資金調達ラウンドでは、ビットコインの普及の拡大を促進する Lolliの取り組みを支援しようと、Bain Capital VenturesやVersion Oneをはじめとする投資家から、2億2500万ドル(約241億6500万円)の資金調達に成功している。

Lolliとトップブランドの提携

Lolliは2018年9月のローンチ以来、多くのトップブランドと提携し、現在は500以上のオンラインショッピングサイトが自社サイトでの販売を行っている。BloomingdalesならびにMacy’sといったアメリカの有名デパートやWalmart、GAPなども提携ブランドとして名を連ねている。

ユーザーはLolliのブラウザ拡張機能アプリをインストールすることで、提携サイトでの買い物を通して、それぞれのウォレットにビットコインを受け取ることができるしくみだ。なお、現在はアメリカとカナダ在住者のみが対象となっている。

Adelman氏は、Lolliユーザーの約半数が初めてビットコインを手にする仮想通貨初心者だろうと、ユーザーのフィードバックから推測しているが、今後さらにその割合を増やし、ゆくゆくは90%が仮想通貨に初めて触れる層となることで、ビットコイン市場を拡大していきたいと述べている。

今回提携を結んだHotels.comをはじめとする旅行関連の提携企業には、すでに大手旅行サイトのBooking.comおよびPriceline、世界的ホテルチェーンのHilton(ヒルトン)とMarriott(マリオット)が含まれており、旅行関連売り上げはLolliの総売り上げの40%を占める人気の高いカテゴリーだという。

Adelman氏は、世界1万9000箇所、32万以上の宿泊施設を掲載するHotels.comや、Booking.comとの提携を活用し、今後数ヶ月以内にグローバルに事業を拡大していく計画を持っていると述べている。

なお、日本では大手仮想通貨取引所のビットフライヤーが、同社経由でネットショッピングや旅行サイトを利用することでビットコインが付与されるプログラムを展開している。

CoinPostの関連記事

アマゾンでのイーサリアム決済実現へ|仮想通貨決済の普及に手応え
仮想通貨決済企業のCLIC社とOpporty社がアマゾンでのイーサリアム決済を可能にするブラウザ拡張機能を開発したことを発表。イーサリアム系統のERC-20トークンなども対応されていく予定としている。
ビットコインでビールを、福岡のバーでライトニング決済を試験導入へ
ライトニングネットワークを用いたリアルタイム決済サービスが福岡市内にあるバーで試験導入を開始。試験期間は、5月31日から6月30日の一か月間となっている。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア