CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)の高騰の背景に「テザー砲」、Bitfinexは29日に新たな展開も|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場
弱気派が台頭しつつあった仮想通貨市場だったが、ビットコインは前日比+11%以上と急騰してトレンドを鮮明にした。1億ドルのテザー発行も相場を後押ししており、年初来高値の更新も射程圏に。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)がペナント上抜けで急騰。テクニカル的な買いシグナルに加え、0時28分に「1億ドル(110億円相当)」のテザー(USDT)が発行されたことで買い需要が示唆され、上昇に弾みが付いたことで三段構えの高騰を見せた。

”テザー砲”と揶揄されることも多いが、米ドル相当資産とペッグされる「裏付け資産」に関しては、疑惑も度々取りざたされてきた(後述)。

テクニカル分析

ビットコイン(BTC)は、ペナント上抜けで130万付近(12,000ドル)まで急騰後、少し揉みあったが、100億円相当のテザー砲の追撃もあり、朝4:30頃からさらに上昇。主要レジスタンスラインを抜けたことで11:30現在も上値追いを継続している。

RSI(相対力指数)など各種オシレーターも過熱感を示しており、急落も懸念されるが、トレンドが明確になったために小口による半端なショートが上昇燃料となっている現状も否めない。

昨日の市況掲載直前(8日17:50)のビットコイン(BTC)チャートは以下の通りだったが、下目線も多い状態でのペナント上抜けから、三段構えで力強く高騰していることが見て取れる。

昨日 17:30時点

ただし、金融マーケットの性質上、一本調子で上昇し続けるということはない。適度な押し目を作りながら右肩上がりの中・長期トレンドを維持するのが理想的であるが、先月末のように急落からの大幅調整も起こり得るため、十分注意が必要だろう。

NYAGがテザー社に反論

4月より始まったニューヨーク司法当局とテザー社およびその親企業iFinex社の裁判所沙汰に新たな展開が見られた。

まず4月当時、NYの司法長官が同企業らに対して、ステーブルコインのテザー(USDT)の裏付け資産から7億ドル(約750億円)相当の資金を借りていたことを、不正に利用したとして裁判所命令を発令した。

テザーを発行する仮想通貨取引所「Bitfinex」は、同じ親会社のiFinexに対し無断で8.5億ドル(950億円相当)を貸出(マネーロンダリングなどの不正利用)した疑惑が挙がったことで、ニューヨーク州の司法長官から裁判所命令を発令されている。裏付け資産の利用、資産を保証する書類の提出および裁判に立つことを要求したものだ。

これに対し、Tether社は当局の指摘を全面否定する公式声明を発表。「8.5億ドルのCrypto Capital資産は米政府に差押えられ、適切に管理されている。Tether社は、健全な財務体制を維持している」と主張。テザー社側は、NY当局の管轄に包括されずその権限を否定する主張を行なっている。

なお、5月に新たに出された裁判所の通知では、同社は通常業務の一環とした準備金へのアクセスが許可されている。

これについて、8日に新たな進展があった。

NYAGは裁判所に新たな書類を提出し、「テザー社は2015年以来NYのユーザーに対しサービスを提供しているため、NYAGの管轄権に置かれる。」と主張。

その主張の証拠として、NY発行のビットライセンスを持たない取引所BittrexとPoloniexがUSDTを取り扱っていることだとしている。Bittrexは今年の4月よりNYでの業務を停止している。

書類の提出などの期限を踏まえ、「7月29日(予定)」に、再び裁判所でテザー社による動議が判断されることになるが、予定日までには同社らはサードパーティによる書面のみで対応することが許可されている。

coinmarketcapの時価総額8位に位置するテザー(USDT)に関する動向は、ビットコイン(BTC)市場にも影響を及ぼしかねないため、注視する必要があると言えるだろう。

CoinPostの関連記事

ビットコインFX有名トレーダー座談会|レバレッジ規制後の仮想通貨市場の変化と立ち回り
bitFlyer BTCFXのレバレッジ4倍規制後にどのような変化があったのか。今後の仮想通貨展望や2019,2020年末価格について、有名トレーダーの700ニキ、青ハチミツダルマ、MOONトレーダーの三氏に見解を伺った。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧