CoinPostで今最も読まれています

南米の拠点ブラジルでリップル(XRP)が支持を拡大、仮想通貨ビットコインは世界的現象

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場センチメント分析
投資指標ツールを提供するThe Tie社の最新レポートは、仮想通貨ビットコイン(BTC)が「世界的現象」となっていると指摘した。国別比較でBTC否定派が多い南米であるが、ブラジルはXRP肯定派が多いことも明らかに。

仮想通貨市場センチメント分析

価格変動が激しく、相場の予想が困難な仮想通貨市場では、ファンダメンタルズやテクニカル分析以上に、市場の心理・感情分析が重視される局面が多いように見受けられる。

ビットコインが上値を伸ばしている中、全世界のツイッターデータを分析することで仮想通貨市場のセンチメントを導き出し、投資指標ツールとして提供しているThe Tie社の最新レポートは、ビットコインは「世界的現象」となっていると指摘した。

今回のレポートは、6月28日から7月5日の間の、世界中のツイッターの投稿(1日 8.5億ツイート)に基づいた分析で、時価総額上位5位の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)に対する地域別の市場センチメントの傾向がまとめられている。

この期間の全体的な特徴としては、ライトコインが最も多くの肯定的ツィートを獲得する一方で(71.6%が肯定的)、仮想通貨市場のドミナンスと同様、ツイート数(全体の70%)とその発信元の国数ではビットコインが群を抜いて多いことがわかる。 

国別で見ると、アメリカが全てのコインにおいて最多数(全世界の30%以上)の投稿を行っており、中でもライトコインに関しては、ほぼ半数のツイートはアメリカ発である。 アメリカの仮想通貨市場における発言力の大きさが推測できる。

世界中に浸透していくビットコイン

マッピングされたビットコインのツイートを見ると、世界中のほぼ全ての国々で、ツイッターユーザーがビットコインに関する話題を取り上げており、さらにその会話のほとんどは、肯定的な内容であることがわかるとThe Tie社は指摘している。

そして、同社はこれらの分析からビットコインは「間違いなく世界的現象となっている」との判断を示した。しかし、国別にビットコインに対するツイートの内容を詳しく見ていくと、大変興味深い事実が浮かび上がってくるという。

ビットコイン支持トップのペルーを除くと、ビットコインに対する肯定的意見の低い国の上位5位全てを南アメリカの国々が占めている。 

  • エクアドル 37.5%
  • ドミニカ共和国 38.5%
  • ブラジル 39.7%
  • ベネズエラ 40.3%
  • アルゼンチン 40.8%

中でもブラジルは、ビットコインとライトコイン両方に否定的な感情を持つ一方、XRPに対しては、非常に肯定的なことが明らかになった。

トップのシンガポールと僅差でブラジルが2位につけている。

The Tie社は、XRPの分析をする中で、次のように指摘している。

長期的なセンチメント指標は否定的だが、会話はすべての国で肯定的なものとなっている。 全ての国でポジティブなツイートが大部分を占めるのは、他の時価総額トップ5コインには見られないことだ。

XRP拡大の新拠点、ブラジル

ビットコインの着実な価格の伸びに対し、XRPは停滞しているようにも見えるが、その開発を担うリップル社は、着々と世界へその拠点を拡大しつつあるようだ。

リップル社のネットワーク、リップルネットの加盟企業は今年全世界で200社を超え、また国際送金の大きな需要が見込まれる南米の拠点として、先月、南米最大の経済国ブラジルに支社を設立したことが公式に発表されている。

また、同社の公式発表ではないものの、リップル社CEOのGarlinghouse氏は、リップル・ネットのネイティブ通貨XRPを使用するxRapidの決済ルートが、ブラジルとアルゼンチン間ですでに実現していると明かしている。

The Tie社の分析では、国や地域ごとにアルトコインに対しては複合的なセンチメントが示されているようだ。価値の保存手段=デジタルゴールドとして独特の地位を確立しつつあるビットコインに対し、主要アルトコイン は、競争力を維持するために独自の強みを生かした戦略を持つことが、ますます必要になると考えられる。 

CoinPostの関連記事

リップル社出資「XRPバンキングアプリ」を公開 |銀行界とデジタル資産の橋渡しに
米Ripple投資部門の出資を受けるスタートアップXRPL Labs社が、開発中のXRPバンキングアプリのデザインを公開した。「母親でも使いたくなるように」設計したデザインと、今後の計画を示した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧