日本初、金融QUICK社の「仮想通貨リブラ」市場調査で肯定的評価6割

金融情報会社QUICKが仮想通貨リブラについて市場関係者にアンケート
金融情報会社QUICKは、市場関係者に向けて、フェイスブック社が2020年前半にサービス開始を目指す「リブラ」についてアンケートを行い、その調査結果を発表した。欧米とは異なる温度感も。

6割超がリブラを前向きに評価

日本経済新聞の報道によると、金融情報会社QUICKは市場関係者に向けて、米フェイスブックが主導する仮想通貨プロジェクトリブラについて市場関係者向けの意識調査を行い、その調査結果を24日に発表した。

調査結果で、市場関係者の60%以上が「リブラ」を前向きに評価していることがわかった。アンケート調査は22~23日に、QUICKが提供する金融情報端末内で実施。金融機関などに勤める市場関係者343人から回答を得た。

リブラに関して、国内の市場関係者へのアンケート調査は初めてだとみられる。

リブラ事業について全体の32.9%が「賛成」と回答、「条件付きで賛成」の33.5%を合わせると66.4%となり、ほぼ2/3が好意的な見方を示したと読み取れる。一方、「慎重であるべきだ」との回答は29.4%で、「反対」は4.1%にとどまった。

実際の導入にはやや消極的か

実際のリブラの導入に関してはやや消極的な傾向で、自身が勤務している会社でリブラを導入すべきかとの質問には、「顧客や取引先が使うのであれば、導入せざるを得ない」との回答が43.4%、「利便性が高まるので導入すべきだ」という積極的な回答は23.0%だ。

「規制対応や安全確保のコスト負担が大きそうなので、導入する必要はない」との回答は33.5%だった。

しかし、「将来的に『リブラ』が法定通貨に代わる存在になると思うか」との問いには「ならない」(52.2%)という否定的な意見が、「なる」(47.8%)をわずかながら上回った。欧米ではフェイスブックによるリブラに対する警戒心が高い一方、日本での温度感は大いに異なることが判明した。

CoinPostの注目記事

【速報】米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催|米規制で重要な発言が出る可能性も
先週のリブラ公聴会に続き、日本時間31日には同上院銀行委員会が仮想通貨の規制に関する公聴会を開催する。業界の正当化や法案策定における重要なイベントとなる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/09更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら