CoinPostで今最も読まれています

マウントゴックス事件後も仮想通貨投資を続ける日本在住カナダ人、選択は投資通貨の変更

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「マウントゴックス事件」後も仮想通貨への投資を続ける日本在住カナダ人
2014年の「マウントゴックス事件」の後も、仮想通貨の投資を続ける日本在住のカナダ人がいる。たまたま事件の直撃は避けたが、投資を止めようとは思わなかったという。彼が選んだのは投資通貨の変更だった。

「事件」は仮想通貨への関心をなくすものではなかった

日本で仮想通貨が大きくニュース番組で取り上げられたのは、2014年2月のマウントゴックス事件が最初だったかもしれない。

ビットコインの取引所として急成長したマウントゴックスは、「合計85万BTC(当時のレートで約480億円)と現金約28億円が消失した」と発表し、その後経営破綻した。

それをきっかけに仮想通貨から離れた投資家もいるが、変わらず関心を持ち、今でも投資を続けているという日本在住のフランス系カナダ人がいる。

グローバルなメディアのサイト構築や運用を日本の責任者として行なっているミシェル・ハメル氏(仮名)は、来日してから10年以上が過ぎ、今では日本人の女性と結婚し、子供が一人。すっかり日本語も上達した。

そんなハメル氏が、コインポストの取材に答えてくれた。

「仮想通貨に興味を持ち始めたのは2010年くらいからで、実際に投資を始めたのは12年。当時はビットコインに投資していた。マウントゴックスの事件後に数年間取引を止めていたが、16年からイーサリアムとリップルの投資を再び始めた」

実はハメル氏は、マウントゴックス事件が起こる直前に、偶然、取引を清算していたという。

「ニュースで事件が大きく報じられた時、職場の中でも大きな話題になったが、仮想通貨の取引経験があるのが自分一人だと知って少し驚いたことを覚えている」

そして、同僚からかけられた言葉も「危ない橋を渡っていたんだね」、「ラッキーだったね」といったものが多く、どこか的外れで、違和感を覚えたのだとハメル氏は語る。

「事件」の時に取引をやめていたことは、確かにとても幸運だったけど、実はあの事件は私にとって、仮想通貨への関心をなくすものではなかった。むしろ、私はそれ以来、ウォレットをよりよく守るための方法を見つけることにフォーカスすることにした。

選んだのは投資通貨の変更

ハメル氏は仮想通貨への投資は止めなかったが、ビットコインに対する見方を変えることになったという。

「調べてみると、いくつかのアルトコインが、仮想通貨の現実的な問題の解決について真剣に取り組んでいることがわかり、そこに関心を持つようになった」

ハメル氏はその理由を語る。

「一部のアルトコインは、あきらかなユースケースを持っていることがわかった。例えばリップルは国際送金サービスを作った。そうした事例を調べているうちに、ビットコインが時代遅れで、その可能性は限られたものかもしれないと思うようになった」

ハメル氏は、今でも引き続き投資は行なっているが、どちらかといえばバイ&ホールドでそれほど頻繁に売買をすることはないという。

「投資対象の通貨とそのプロジェクトが信頼できているのなら、それに対して関心を持つのは当然だ。一方で、日々の価格の変動は予測不能なので、日常的に取引することにはそんなに関心はない。私はただ、いくつかの仮想通貨のプロジェクトが問題を解決しようとしていることに関心があるのかもしれない」

ハメル氏が「事件」の前に取引をしていたのはビットコインだったが、「個人的にはビットコインはあまり好きではなくなって、好みの通貨は今、投資しているリップルやイーサリアムだ」

ハメル氏は続ける。

「ビットコインはいくつかの点で上手くいっていないと考えている。ひとつの大きな欠陥は送金スピードだ。リップルでの送金は10秒以内でできるのに、ビットコインを使った送金はとても遅くて10分以上かかる。もうひとつ納得できない問題は、マイニングのコンセプトだ。ビットコインのマイニングは貴重なエネルギー資源を浪費している」

マイニングにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の手法を採用しているビットコインは、一部で「電力消費量が多い」という点で問題だという指摘があるが、ハメル氏もそれを問題視しているのだ。

「個人的な意見だが、ビットコインは日常的に利用する通貨とはならないと思う。しかしそれでも投資向き商品として所有したいという人々による取引は続いていくだろう」

ハメル氏に、仮想通貨そのものが主要な通貨となると思うか? と聞いてみた。

「将来的には仮想通貨が主要な通貨になることは、起こりそうなことだ。しかし仮想通貨プロジェクトは政府機関と規制当局とともに行動する必要があり、規制に対応し、きちんとした管理を実行することが求められると思う」

もともと新しいものへのチャレンジは大好きだったというハメル氏。いろいろなものに関心を持ったからこそ、日本にやってきた。

仮想通貨のプロジェクトがこれからも進展していくことを期待している。

CoinPostの関連記事

中国大手マイニングプール創業者が語る「仮想通貨採掘事業の最新動向」|新たなビットコイン収益分岐率が公開
CoinPostは、longhash.comと共同で、中国に拠点を置く大手マイニングプールF2プールの創設者Mao Shixing氏にインタビューを行なった。Shixing氏は、現在のマイニング業者の動向や、ハッシュレートの分散化、また下落時に注目されるマイニングの収益分岐率など、最新状況を多く語った。
米財務長官と個別会談したリップル社CEOが異例の長文ツイート
リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏は自身のツイッターにて、米財務長官と個別の会談を行なったことを明かし、仮想通貨規制に関して一定の理解を示しながらも健全かつ合理的な議論と規制を願う。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア