ベーシックアテンショントークン(BAT)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BAT/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BAT 基礎情報

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)は、ウェブブラウザBraveで利用されるERC-20トークンです。Braveには広告ブロック機能が標準搭載されており、個人情報が広告を通じて外部に漏出しないよう設計されています。また、広告をブロックすることでブラウジングを快適にすると同時に、ユーザー自身の意思で広告を見た場合に発生した収益をステークホルダー間で分配する広告モデルを展開しています。

BAT関連ニュース

03/07 (日)
ビットコインは大荒れ模様、時価総額TOP20前週比ではネムとユニスワップ(UNI)の上昇目立つ|CoinPost週次レポート
3月第1週の仮想通貨市場をビットコインやイーサリアムのオンチェーンデータから分析。
03/07 (日)
ビットコイン市場で「GBTCマイナス乖離」に注目、国内銘柄はネムほかBAT、ENJが高騰|週刊仮想通貨ニュース
今週は、グレースケールの投信がマイナス乖離に転じたことを報じる記事が注目。国内は新チェーンのテストを完了したネムが高騰など、一週間のニュースをまとめてお届けする。
03/04 (木)
Braveブラウザ、Googleから独立した独自検索エンジン「Brave Search」導入へ
プライバシーに焦点を当てた新世代のブラウザ「Brave」が、検索エンジン「Tailcat」を買収。独自エンジンを導入して、グーグルなど大手IT企業から独立したサービスを提供することを目指す。
03/04 (木)
BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高
米ナスダックや日経平均株価が急落する中、ビットコインは5万ドル台を推移。国内大手仮想通貨取引所コインチェックに上場する個別銘柄では、ベーシックアテンショントークン(BAT)やエンジンコイン(ENJ)などの活況が目立つ。
02/27 (土)
米グレースケール、23銘柄の新規仮想通貨投資信託を検討
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールは23銘柄の仮想通貨投資信託を新たに検討している。メジャーアルトやDeFi(分散型金融)関連銘柄もリスト入りしている。
02/24 (水)
Braveブラウザ、新ロードマップでDEX機能やウォレット刷新を予定
プライバシー保護を重視したブラウザ、Braveは来年~18か月後までにおける指針となるロードマップ2.0を公開。ウォレット機能の刷新や、DEX(分散型取引所)機能の追加などが盛り込まれている。
02/18 (木)
Braveブラウザ、NFTトークンの購入サポート機能を実装
次世代ブラウザBraveはNFT(非代替性トークン)の購入機能をブラウザに実装したことを発表した。BATとETHを利用してNFTを購入することができるという。
02/12 (金)
相次ぐ好材料でビットコイン最高値更新、国内上場銘柄ベーシックアテンショントークン(BAT)など急騰
大手銀行BNYメロンやマスターカードの仮想通貨業界参入など好材料が相次ぎ、ビットコインは過去最高値を更新、一時510万円に達した。国内銘柄ではネム(XEM)やベーシックアテンショントークン(BAT)などが急騰した。
01/27 (水)
仮想通貨取引所Gemini、複数のDeFi関連銘柄をシンガポールで新規上場
米仮想通貨取引所Geminiはシンガポールのユーザー向けに、多くのDeFi(分散型金融)関連銘柄の上場およびシンガポールドルの追加対応を発表した。
01/23 (土)
米グレースケール、新規アルトコイン6銘柄の投資信託で書類提出
米仮想通貨投資企業グレースケールで、新規アルトコイン6銘柄の投資信託が形成されたことことが判明。LINKやBAT、XTZが含まれる。
01/20 (水)
ビットポイント、仮想通貨の全取扱銘柄で即時出金に対応
仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、19日から全ての取扱銘柄で即時出金を開始。購入後すぐに他の取引所やウォレットに出金依頼することが可能になった。
12/17 (木)
GMOコイン、ビットコインなど仮想通貨9銘柄の積立サービス開始
仮想通貨取引所GMOコインは積立サービスを開始した。全部で9銘柄に対応する。
11/25 (水)
拡大するVPN市場、課題とブロックチェーン技術によるソリューション|Orchid、Brave
VPN市場拡大に伴いプライバシーに関する懸念が高まっている。仮想通貨プロジェクトOrchidは、VPNクライアントおよび独自トークンを基盤としたソリューション。高速かつ安全なネット閲覧体験を提供するBraveも、プライバシーを重視したプロジェクト。
09/29 (火)
仮想通貨BATとは|急拡大する新世代のブラウザ「Brave」の特徴と将来性
月間アクティブユーザー2500万人に達した新世代のウェブブラウザBrave、及びネイティブトークンである仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴と将来性を詳しく解説。
09/07 (月)
仮想通貨投資の目的、中長期的運用へ=bitFlyer調査
「仮想通貨(暗号資産)投資の目的が、短期的な利益から中長期の運用へと変化している」日米欧で仮想通貨取引所を運営するbitFlyerがアンケート調査結果として公表した。
09/03 (木)
Braveブラウザ、初の日本語テレビCM放送へ
次世代ブラウザBraveが、テレビCMを行うことがわかった。YouTubeで9月3日、CM動画が公開された。
08/24 (月)
ビットポイント、仮想通貨BATの新規取扱いを発表
ビットポイントは24日、新たな取扱通貨として、仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)を発表した。
07/30 (木)
bitFlyerとBraveが共同開発、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が日本で初めて可能に
株式会社bitFlyerはブロックチェーン関連業務を行うBrave Softwareと、Braveブラウザ内で使用できる仮想通貨ウォレットを共同開発することを発表した。日本国内でも、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が可能になる。
07/16 (木)
韓国バイナンス「Binance KR」6銘柄を新規上場
バイナンスの韓国取引所「Binance KR」は、新たに6つのアルトコインを上場した。
07/16 (木)
次世代ブラウザBraveから仮想通貨取引 米国規制下のGeminiが連携
次世代ブラウザBraveが仮想通貨取引所Geminiと提携、ユーザーはBraveブラウザからGeminiウィジェットにより仮想通貨を取引・保管できるようになった。