Basic Attention Token [バット] BAT

BAT/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BAT 基礎情報

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)は、ウェブブラウザBraveで利用されるERC-20トークンです。Braveには広告ブロック機能が標準搭載されており、個人情報が広告を通じて外部に漏出しないよう設計されています。また、広告をブロックすることでブラウジングを快適にすると同時に、ユーザー自身の意思で広告を見た場合に発生した収益をステークホルダー間で分配する広告モデルを展開しています。

BAT関連ニュース

07/30 (木)
bitFlyerとBraveが共同開発、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が日本で初めて可能に
株式会社bitFlyerはブロックチェーン関連業務を行うBrave Softwareと、Braveブラウザ内で使用できる仮想通貨ウォレットを共同開発することを発表した。日本国内でも、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が可能になる。
07/16 (木)
韓国バイナンス「Binance KR」6銘柄を新規上場
バイナンスの韓国取引所「Binance KR」は、新たに6つのアルトコインを上場した。
07/16 (木)
次世代ブラウザBraveから仮想通貨取引 米国規制下のGeminiが連携
次世代ブラウザBraveが仮想通貨取引所Geminiと提携、ユーザーはBraveブラウザからGeminiウィジェットにより仮想通貨を取引・保管できるようになった。
07/14 (火)
仮想通貨決済対応の旅行予約サービスTravala、Braveブラウザでプロモーション実施へ
仮想通貨決済が可能な宿泊予約サービスを提供する「Travala.com」が、次世代ブラウザBraveを利用して、広告プロモーションを行う。オンライン予約の未来を変え、仮想通貨を普及させるというミッションを加速させる。
07/13 (月)
仮想通貨取引所コインチェック、Basic Attention Token(BAT)を新規上場へ
コインチェック株式会社は13日、新たにBasic Attention Token(BAT)の取扱いを2020年7月21日(予定)に開始することを発表した。BATは、次世代高速ブラウザとして人気を博す「Brave」でも使用できる。
07/11 (土)
次世代ブラウザBraveの広告枠を売買開始、広告取引所NYIAXとの提携で
次世代ブラウザBraveがニューヨークの広告取引所NYIAXとの提携を発表、Brave広告枠の在庫を取引できるようになった。
07/09 (木)
bitFlyerと次世代高速ブラウザBrave、仮想通貨ウォレット領域で日本初のパートナーシップ締結
国内最大手仮想通貨取引所bitFlyerは、次世代高速ブラウザBraveの仮想通貨ウォレット領域(BAT)における日本初のパートナーになることを発表した。30日に開催予定のオンラインイベントにて、今後の展望が明かされる。
06/20 (土)
「Brave」テスト版、デバイス間の同期機能が利用可能に
次世代型ブラウザ「Brave」は19日、不具合のため一時的に使用できなくなっていたデバイス間の同期機能が、テスト版のBraveにて再度利用可能になることを公式で発表した。
06/19 (金)
DMMビットコイン、新規アルトコインのレバレッジ取引を開始 2銘柄
DMMビットコインが、レバレッジ取引でアルトコイン2銘柄の取引を開始する。合同会社DMM.comのプレスリリースで19日、BAT(ベーシック アテンション トークン)とQTUM(クアンタム)のレバレッジ取引の開始を発表した。
06/18 (木)
「2020年は、新生bitFlyerをお見せしたい」三根社長が語る暗号資産事業戦略
bitFlyerインタビュー コインポストは、今年3月30日付で株式会社bitFlyerの代表取締役に就任した、三根公博氏にインタビューを5月29日に実施。純損失が7.5億円と…
06/17 (水)
分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMP、大手BitGoでカストディ対応
大手分散型金融のCompoundが発行するガバナンストークンCOMPは初の配布・上場で暴騰。その仕組みを解説する。
06/13 (土)
Braveブラウザー、5ヶ国でリファラルプログラムを中止 紹介者不正が発覚
次世代ブラウザーBraveは紹介制度を、中国、インドネシア、ロシア、ウクライナ、ベトナムで中止すると発表。多くの不正紹介者が検知されたという。
06/10 (水)
「Brave」の新ブラウザ アフィリエイト広告問題受け、開発者が立ち上げ
次世代ブラウザ「Brave」で先日起きたアフィリエイト広告リンクの問題を受け、一部の開発者らが新たなBraveブラウザのフォーク(別バージョン)を実行することがわかった。新組織の立ち上げに際し、参加する開発者の募集も行なっている。
06/08 (月)
次世代ブラウザ「Brave」アフィリエイト広告騒動でCEOが謝罪
次世代ブラウザとして人気急上昇中のBraveにおいて、ユーザーの関知しないところで、検索時に招待リンク(アフィリエイトコード)へ自動変換される仕組みが埋め込まれていたことが問題視され、議論を巻き起こした。
06/07 (日)
国会で仮想通貨質疑、イスラム大手銀と提携のマネーグラムに買収報道、金融庁ビットコインの投資助言行為で警告|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(6/1~6/6)のニュースを追っていく。維新の会の音喜多議員は2日、暗号資産の規制について質疑を行なった。ステーブルコインのテザーは新たにOMG Network利用を発表、金融庁が新たにビットコインの投資助言行為で警告を行った。
06/06 (土)
次世代ブラウザ「Brave」 人気アプリTikTok、ペイペイなど抑えAppStoreで二位を記録
次世代型ブラウザ「Brave」が日本国内のAppStoreの無料ランキングで2位、Google Playで7位を記録。TikTokやペイペイなど数々の人気アプリを抑え、著しい飛躍を見せた。
06/06 (土)
「Braveブラウザ」が防弾少年団やeスポーツチームと連携、BATポイントの利用も
次世代型ブラウザ「Brave」がeスポーツチームやK-POPスターの防弾少年団と連携することが日経の報道で明らかとなった。BATポイントを利用した支援システムの導入も予定されている。
06/04 (木)
仮想通貨BAT利用のBrave、新規大幅増で月間アクティブユーザー1500万人に
仮想通貨BATを利用するインターネットプライバシーに特化するインターネットブラウザBraveは、過去2ヶ月間でおよそ150万人の月間ユーザー(MAU)を新たに獲得。月間1500万人のアクティブユーザー数に達した。
05/28 (木)
サムスンのスマホから仮想通貨取引可能に Gemini提携で【米・加】
仮想通貨取引所を運営するGeminiがサムスンと提携、米国とカナダでサムスンの携帯機能を通じて、仮想通貨の取引を提供することがわかった。サムスンのブロックチェーンウォレットを搭載する携帯からGeminiの取引機能にアクセスできる仕組みを整える。
05/01 (金)
最新版Braveブラウザ、仮想通貨の取引機能に対応
プライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave」が仮想通貨の取引機能を有するウィジェットに対応した。バイナンスのウィジェットを通じて、ビットコインなどの取引に対応する。