Braveがキャンペーン発表、高級NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」など用意

総額50万ドル相当の懸賞を配布へ

インターネットブラウザBraveは8日、独自の暗号資産(仮想通貨)ウォレットのモバイルおよびPC版実装を記念したキャンペーン開催を発表した。総額50万ドル(5800万円)分の仮想通貨や25万ドル相当のNFT(非代替性トークン)を配布する。

当選者には、特別なゴールデンチケットNFTがウォレットにドロップされ、その後1週間以内に賞品を受け取ることができるという。

ただし、残念ながらキャンペーン対象者は、18歳以上の米国居住者(米国ユーザー)のみということだ。Braveウォレットを開設し、ウォレット機能内で利用できるトークン・スワップを利用すると参加できる。

コンテストは日本時間8日17時より開始し、15日5時まで続く。大当たりは以下の通り、人気NFT(非代替性トークン)シリーズなどが含まれている。

  • Lazy Lion
  • World of Women
  • Pudgy Penguin
  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)

NFT以外にもイーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)、Braveの独自通貨であるベーシック・アテンション・トークン(BAT)も配布する予定。当選者のウォレットには「金のチケット」が送付される。

関連: 仮想通貨BATとは|急拡大する新世代のブラウザ「Brave」の特徴と将来性

懸賞品として配布されるNFTはいずれもOpenSeaでも上位のプロジェクト。特に、Bored Ape Yacht Club(BAYC)は執筆時点では1400万円に相当する49ETHの価値を持つ。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームのキャラクターやアイテム、音楽など幅広い領域で技術が活用されている。

米デジタルアーティストBeepleのNFT作品が高額で落札され、注目を集めるきっかけとなった。

▶️仮想通貨用語集

Brave Walletとは

Brave WalletはインターネットブラウザBraveが21年11月にリリースしたブラウザ内蔵型の仮想通貨ウォレット。仮想通貨以外にもNFTを保管できるほか、仮想通貨のスワップ機能も対応している。

ブラウザに内蔵されているため、メタマスク(Metamask)とは違い、プラウザの拡張機能を追加する必要がない。

関連: Brave、独自の仮想通貨ウォレットをリリース

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します