イーサリアム [Ethereum / ETH]

05/04 (月)
仮想通貨イーサリアム、過去1年のパフォーマンスで大半のERC20トークンを上回る
年初来騰落率で好調な仮想通貨イーサリアムとは対照的に、ERC20トークン150種の内107種が大きく低迷。一方、Chainlinkは前年比500%高を超え、3番目のパフォーマンスを記録している。
05/03 (日)
ビットコイン、イーサリアムが上昇率トップ・年初来は金と仮想通貨に軍配|市場騰落率を一気に比較
ビットコインは高騰、一時100万円を突破しトレンド転換の兆しを見せたものの、新型コロナウイルスの影響で経済は減速の見通し。今週・4月・年初来の各市場の騰落率をグラフで一度に振り返っていく。
05/03 (日)
ビットコイン100万円到達、BitMEXが日本居住者の利用停止、リップル社XRP販売推移|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(4/27~5/2)は、大手取引所BitMEXが日本国居住者の取引禁止を発表。リップル社は今期、XRPの販売量が大幅に減少したことを明らかにした。価格急騰に伴いビットコインにも送金の遅延など動きが確認ている。今週の重要ニュースをまとめて追っていく。
05/02 (土)
仮想通貨イーサリアム2.0で新規発行量「半減」の見通し、ヴィタリックが語る
ヴィタリックはイーサリアム2.0におけるETHの年間新規発行量が大幅に減少すると見ている。減少幅は現行発行量の半分以上になる見通しだ。
05/01 (金)
大型アプデを控える仮想通貨イーサリアム、約8割の投資家が長期保有傾向=Glassnode
仮想通貨イーサリアムで長期保有の傾向が高まっている。Glassnodeの分析で、現在供給されているイーサリアムのうち、およそ77.7%が半年間動かされていないことが分かった。次世代イーサリアム及びPoS移行も材料視されている。
05/01 (金)
最新版Braveブラウザ、仮想通貨の取引機能に対応
プライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave」が仮想通貨の取引機能を有するウィジェットに対応した。バイナンスのウィジェットを通じて、ビットコインなどの取引に対応する。
04/30 (木)
台湾大手HTCのブロックチェーンスマホ「エクソダス」、仮想通貨のDeFiやSegWit対応へ
台湾の大手電子機器メーカーHTCがブロックチェーン搭載スマートフォンEXODUSに、新しい仮想通貨機能を複数導入することがわかった。CompoundなどのDeFi機能やSegWitにも対応する。
04/30 (木)
仮想通貨取引所OKExが、次世代イーサリアムの「バリデータ」として参加する意味
大手仮想通貨取引所OKExのマイニングプールが、次世代イーサリアム「2.0」のテストネットにバリデータ(承認者)として参加していることが分かった。大規模マイニングプールの双方にメリットのある動きとして注目される。
04/30 (木)
バイナンス、6の仮想通貨取引ペア廃止
仮想通貨取引所バイナンスは最新の取引ペア廃止告知を行なった。今年の8回目になる。
04/28 (火)
中国地方政府、ビットコイン採掘を電力で支援か 半減期後も中華系仮想通貨企業有利に
中国四川省に位置する雅安市では、地元政府は過剰な電力を消費するために、ブロックチェーン企業に協力を要請した。同地域で業務を行なっている仮想通貨採掘企業も恩恵を受けられる可能性がある。
04/28 (火)
トレーダー向けソーシャルネットワーク 仮想通貨取引所Bitfinexがローンチ
仮想通貨取引所Bitfinexが、ユーザー同士が交流できるソーシャルネットワーキング用プラットフォームをローンチ。最高技術責任者がその特徴を語った。
04/28 (火)
「新規発行量の5割」 投資信託から見る機関投資家の仮想通貨需要
米仮想通貨投資信託提供企業大手のグレースケール社は、2020年の約4ヶ月で新たに採掘されたイーサリアム(ETH)のおよそ半数を投資信託向けに買い付けていたことがわかった。累計保有数はETH総流通数の1.1%を占める。
04/27 (月)
オンライン授業、仮想通貨決済で見えた「新たな可能性」
Zoom(ズーム)の配信に仮想通貨による支払機能を追加できるアプリが登場。現在イーサリアムをサポートしており、ビットコインも追加予定。オンライン授業を変える可能性を秘めていると話題に。
04/26 (日)
ビットコイン上昇率1位、金・原油は下落|今週の主要市場の騰落率を一気に比較
今週の主な市場、仮想通貨等の動きを見ていく。原油は歴史的な下げ幅を記録し、金融市場全体に影響を及ぼしたが金曜までに多少持ち直した。ビットコイン、イーサリアムはともに上昇。その他相場に関するニュース一覧も掲載した。
04/25 (土)
仮想通貨イーサリアム2.0、ステーキング報酬の計算機が公開
イーサリアム2.0のステーキング報酬を算出する計算ツールが公表。現在から10年後までのステーキング報酬の推移がチャート形式で表示される。
04/25 (土)
米商業銀行、仮想通貨業界からの預金額増加を報告 2020年Q1で
米メトロポリタン商業銀行で、仮想通貨企業からの預金額が第1四半期に24%増加した。競合銀行でも、仮想通貨業界からの預金は近年増加傾向とみられる。
04/24 (金)
速報 BitMEX、新たな仮想通貨イーサリアム先物を提供開始へ
仮想通貨取引所BitMEXは、期限付きのイーサリアム(ETHUSD)クオント先物を5月5日から開始すると発表した。
04/24 (金)
仮想通貨ビットコイン、早朝の急騰「5つの理由」
24日の仮想通貨市場は、ビットコインが急騰。7500ドルを超えたのは3月の急落以来初めて。コロナ危機に伴い沈んだ取引価格も本格的に戻してきた。
04/24 (金)
機械学習で仮想通貨の価格予測 ビットコイン他、アルト100銘柄に対応=Nomics Crypto
米国の仮想通貨ベンチマークプロバイダーNomics Cryptoは、ディープラーニングのモデルを利用し、7日で仮想通貨価格を予想する機能を無料で提供する。ビットコイン、イーサリアム、リップルほか、アルト100銘柄に対応する。
04/24 (金)
「仮想通貨とお金」決済アプリで統合 バイナンス、アフリカで新展開
大手仮想通貨取引所バイナンスが、ソーシャルペイメントアプリ「Bundle」のローンチ。アフリカ市場をターゲットに、仮想通貨の売買と保有に加え、お金の送受信を可能にする。ビットコイン、イーサリアムにも対応。