Zcash [ジーキャッシュ] ZEC

ZEC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ZEC 基礎情報

Zcash(ジーキャッシュ)は、プライバシーに焦点を当てた分散型のオープンソースの仮想通貨です。ゼロ知識証明をもとにしたzk-SNARKsと呼ばれるテクノロジーを採用しています。関係者や金額をネットワーク上に公開することなく、安全かつ安心してZcashでの取引を実行できます。また、zk-SNARKsは、トランザクションのメタデータを暗号化し、誰も不正を行っていないことを証明するためにも利用されます。

ZEC関連ニュース

09/16 (水)
米大手法律事務所「匿名性通貨(プライバシーコイン)と法的遵守は両立する」
米大手法律事務所パーキンス・コイエが、プライバシー通貨に関するレポートを発表。仮想通貨(暗号資産)モネロやダッシュなどの銘柄を取り扱う場合でも、マネーロンダリング対策の規制を遵守することは可能だと論じている。
07/24 (金)
仮想通貨取引所Liquid Global、Zcash含む28銘柄を上場廃止か
仮想通貨取引所Liquid Globalは、Zcashなど28銘柄の上場廃止を計画していることが分かった。この背景には、シンガポールでの営業ライセンスの申請が関係している。
07/17 (金)
マイニング報酬にも匿名性 Zcashが最新ハードフォーク実行
匿名仮想通貨Zcash(ZEC)が、7月16日、4回目となるハードフォークに成功した。「Heartwood」と名付けられた大型アップグレードは、相互運用性とプライバシーを向上させる設計となっている。
07/07 (火)
仮想通貨企業にも大型支援、米中小企業支援策(PPP)
米トランプ政権は中小企業向けの融資プログラム「給与保護プログラム」の受取企業を公開。仮想通貨業界でも大型支援となった状況が明らかになった。
07/03 (金)
米内国歳入庁(IRS)、匿名仮想通貨の捜査体制強化へ
米国内国歳入庁(IRS)が、プライバシー性の高い仮想通貨技術について捜査体制を強化する方針で準備を進めていることが分かった。IRSの犯罪捜査部門が行う試験プログラムに関連して情報提供を呼び掛けている。
07/02 (木)
仮想通貨テゾス(XTZ)に新たなオフチェーン決済ソリューション登場
スタートアップ企業がテゾス(XTZ)をプライベート決済ソリューションでサポートすることを発表。「zkChannels」というオフチェーンプロトコルで匿名性の高い送金を可能にするものだ。
06/12 (金)
バイナンス、初のビットコイン四半期先物を開始 通貨ペアの廃止発表も
仮想通貨取引所バイナンスは初めてSQ日のあるビットコイン先物契約を開始した。一方、一部銘柄の取引ペアの廃止も実施する予定だ。
06/09 (火)
政府・企業向けBC追跡ツール「チェイナリシス」ジーキャッシュとダッシュを追加
ブロックチェーン追跡ツールのチェイナリシス(Chainalysis)は、新たに仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)とダッシュ(DASH)への対応を発表した。誤解されやすい匿名性通貨の「プライバシー機能」についても言及している。
06/04 (木)
ビットコインコア最新版リリース 大規模組織によるネットワーク妨害や検閲防ぐ
ビットコインコアの最新版にErebus(エレバス)攻撃を防御する試作ソフトウェアが組み込まれた。国家や大企業など大規模プロバイダを有する組織が仮想通貨取引を妨害・検閲することを防ぐもの。
05/28 (木)
DeFiに相互運用性を RenVMがメインネットローンチ
DeFiの『Ren』は仮想通貨のクロスチェーン交換が容易に行えるネットワークをローンチした。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(BCH)、およびジーキャッシュ(ZEC)に対応する。
05/10 (日)
海外取引所の日本撤退続く、「ビットコインは財産」中国で判決、リップル社ISO標準化団体加盟|1週間仮想通貨注目ニュース
今週は、半減期をひかえるビットコインへの需要が増加、価格も100万円を突破する中、取引アプリCashAppなどがビットコイン販売量の急増を報告している。中国では、ビットコインを財産と認める判例が出た。
05/08 (金)
匿名通貨Zcash、ダークウェブでは存在感なし?米シンクタンクがレポート発表
米シンクタンクのランド研究所は匿名通貨Zcashに関するレポートを公開。犯罪への利用が懸念されるとの指摘もある匿名通貨だが、ダークウェブ調査ではBTC、BCH、Monero、ETHが全体の98%を占め、Zcashは難解な技術への理解不足やAML/CFT規制準拠などから需要は限定的だった。
05/05 (火)
米金融業界の裏側を描く「ビリオンズ」に仮想通貨ビットコインが登場
世界金融危機など米金融業界の舞台裏を描いた人気ドラマ「ビリオンズ」の最新作にビットコインが登場した。仮想通貨は、アニメ「シンプソンズ」でも紹介されるなど、エンタメ作品の中で存在感を増している。
04/30 (木)
コインベース、仮想通貨BAT含むアルト3銘柄で法定通貨建ペアに対応
米大手仮想通貨取引所コインベースProは新たな米ドル取引ペアの追加を発表。なお、ビットコインが急騰する際、コインベースは一時的障害を起こした。
04/11 (土)
バイナンスのVISA対応仮想通貨販売所、新たに5法定通貨追加 ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)が購入可能
仮想通貨取引所バイナンスは、Visaのクレジットカードやデビットカードを利用した仮想通貨の直接購入サービスで、新たに5つの法定通貨に新規対応。
04/09 (木)
米仮想通貨取引所Gemini、アルトコイン3銘柄の新規上場を発表
ウィンクルボス兄弟が運営する米仮想通貨取引所Geminiが、予告していたアルトコイン3銘柄の上場を発表した。
04/09 (木)
米Gemini、新たに3銘柄の新規上場を予告 可能性高い仮想通貨は?
ウィンクルボス兄弟が運営する米仮想通貨取引所Geminiは、10日に3つの仮想通貨の新規上場を発表する予定を新たに予告。米国でアルトシーズンの追い風になるか。
04/01 (水)
優良アルトの上場を検討 仮想通貨取引所Bitstampが上場検討リストを公開
イギリスに拠点を持つ老舗海外取引所Bitstampは1日、新規に取扱いを検討している通貨リストを発表した。研究を行った上で、優良な仮想通貨プロジェクトの採用を行っていくという。
12/26 (木)
バイナンス米国、ベータ版アンドロイドアプリ公開 スマホの仮想通貨サービスを拡大
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はアンドロイドアプリのベータ版も公開。 先日リリースしたiOS版アプリと合わせて98%の米スマホ市場をターゲットに。
12/19 (木)
バイナンス米国、アップルユーザーへ仮想通貨サービス展開へ iOSベータ版公開
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はiOSアプリのベータ版を公開。米国でスマホ利用者の45%を占めるiphoneユーザーへの導入で、サービス普及への足がかりに。