仮想通貨カルダノ(ADA)の新バージョン1.6リリースをIOHKのCEO ホスキンソン氏が発表

カルダノ(ADA)の新バージョン1.6のリリースを、IOHKのCEOが発表
CMC時価総額12位の仮想通貨カルダノ(ADA)の新バージョンリリースとその特徴について発表された。IOHKのCEOチャールズ・ホスキンソン氏がツイッター上で明らかにした。

カルダノ(ADA)の新バージョンのリリースをCEOが発表

カルダノの新バージョンが近日中にリリースされることを、チャールズ・ホスキンソン(IOHKのCEO、イーサリアム・ネットワークの前CEO)が自身のTwitterで明らかにした。

数日中に、カルダノv1.6を届ける予定だ。新しいダイダロスのスクリーン・ショットを送って、それが好きかどうか教えてくれ。この新バージョンは素晴らしい開発作業の成果であって、開発チームをとても誇りに思う

と、ホスキンソンはツイートした。

(※ダイダロスはカルダノの専用ウォレット)

 アップデートの詳細については、まだ明かされていないがユーザーからの期待感は高まっている。

 カルダノ(ADA)はカルダノ財団、IOHK(INPUT OUTPUT Hong Kong)により開発されているブロックチェーン・プロジェクトで、2017年から本格的に始動した。

特徴としては

  • 査読された学術論文を元に開発を進め、学術的に正しく安全な設計を目指している
  • より高速で電力消費を抑えられるOuroborosと呼ばれるProof of Stakeアルゴリズムを採用している
  • レイヤー構造により高いセキュリティ性能を有する

以上のような点が挙げられる。

カルダノ(ADA)の今後のロードマップ

カルダノ(ADA)では、現在のところ5ステップ中、2番目の段階Shelly(非中央集権化に関するアップデート)までが発表されている。

今後のロードマップとしては、カルダノの公式ホームページ(https://cardanoroadmap.com/ja/voltaire/)によれば、Goguen、Basho、Voltaire の開発が予定されている。

Goguen

Goguenは、カルダノのプラットフォームに分散型アプリケーション(dApps)を構築する機能が追加される、スマートコントラクトに関するアップデートである。

金融やビジネスの関係者が、プログラミングに関する専門的な知識がなくてもスマートコントラクトを作成できるようになる見込みだ。

Basho

Bashoは、パフォーマンス向上やネットワーク層見直しに関するアップデートである。

大量のトランザクションを伴うアプリケーションの導入やネットワーク規模の拡大をサポートするため、サイドチェーンが導入されるなど、カルダノ・プラットフォームのキャパシティやパフォーマンスの向上が行われる予定だ。

Voltaire

Voltaireは、拡張性や保証性に関するアップデートであり、カルダノの運営が将来コミュニティに委ねられるのを準備する。

投票システムの導入により、ネットワーク参加者がカルダノの改良案を提示したり、その実行の可否をステークホルダーの投票により決定することが可能となる。また開発のための資金源を用意するトレジャリーシステムの導入も予定されている。

カルダノの開発状況

カルダノの開発状況はIOHKのTwitter(https://twitter.com/InputOutputHK)やロードマップに関するサイト(https://cardanoroadmap.com/ja/updates/#status)で逐次公開されている。

CoinPostの関連記事

人気お笑い芸人「たむけん」経営の焼肉店、仮想通貨ADA決済を導入へ
人気お笑い芸人で実業家の「たむらけんじ」氏が経営する炭火焼肉たむらで、仮想通貨ADA決済が実現する可能性が出てきた。近日開催予定の米ブロックチェーンサミットでは、ADAPAYの使用で入場チケットが20%オフになるサービスも。
仮想通貨ADA(エイダコイン)とは|今後の将来性について
ADA(エイダコイン)は、Cardano(カルダノ)というオンラインカジノプラットフォームで用いられる仮想通貨です。そのエイダコインの特徴や将来性について解説しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら