「リップルネット」の利用が6大陸・40ヵ国に拡大=リップル社の欧州連合VP

「リップルネット」の利用が6大陸・40カ国に拡大
リップル社の欧州連合VPは先日、「リップルネット」の利用がすでに6大陸・40ヵ国に拡大していると言及した。企業と規制当局がXRPを受け入れつつあることで、xRapidの採用も増えていくと見込んでいる。

「リップルネット」の利用が6大陸・40カ国に拡大

リップル社の責任者は先日、国際送金ソリューションズ「リップルネット」の利用がすでに6大陸・40ヵ国に拡大していると言及した。

リップル社の欧州連合VPを務めるJeremy Light氏は国際送金ネットワーク協会IAMTNに対して「リップルネット」の利用状況について語った。

Light氏によると、北米・ラテンアメリカ・欧州・アフリカ・アジアなどにおいてもすでにリップルネットによる送金経路を確立しており、最近ではカナダとナイジェリアにおける送金経路を新たに開設した。

なお、リップル社のクライアント企業の多くは現在、「リップルネット」のxCurrent(仮想通貨XRPを利用しない)を利用している。

しかしLight氏は企業と規制当局がXRPを受け入れつつあることにより、XRPを利用するxRapidの採用も増えていくと見込んでいる。「現在、買い物などで企業が直接仮想通貨を受け入れるケースは多くないが、仮想通貨を介して支払うサービスは明らかに増えている。なお、法定通貨間のブリッジとなるXRPは流動性問題を解決するため、送金業の形勢を一変させる技術になる。」と語った。

リップル社は6月に、米大手送金企業マネーグラムに出資し、国際送金でxRapidを正式に導入することを決定した。そしてマネーグラムはQ2の決算報告書で、xRapidの利用を開始していることを明かした。

さらに、リップル社CEOのGarlinghouse氏が先日、金融機関が利用するxRapidの送金高は2020年の年末まで10億ドルを超えていると予想した。

関連「マネーグラムとの提携はリブラよりも仮想通貨市場にとって重要」リップル社CEO

参考資料:IAMTN公式

CoinPostの注目記事

リップル社CEOが異例の声明 「XRPを巡る訴訟」と「売却停止を要請する署名運動」で
リップル社のCEO Brad Garlinghouse氏は、仮想通貨XRPに関するネガティブニュースについて、異例声明を発表した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/05更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら