最大5300億円が米ファンドから仮想通貨市場に流入か=融資サービス社調査

米ファンドマネーの仮想通貨市場への流入額
クリプト融資サービスを提供するBlockFi社が、米機関投資家の仮想通貨産業への進出状況を示す調査報告書を発表。投資家やSECの仮想通貨に対する見解とスタンスに、劇的な変化があることが分かった。

米ファンドマネーの仮想通貨市場への流入額

クリプト融資サービスを提供するBlockFi社が、米証券取引委員会(SEC)の一般公開ファイリングのデータに基づき、米機関投資家の仮想通貨産業への進出状況を示す調査報告書を発表した。

本報告書によると、米国には約4万の登録投資顧問(会社)が存在し、そのうち1万500企業が約6万種類のヘッジファンドやプライベート・エクイティファンド、ベンチャーファンドといった「プライベートファンド」を管理している。

仮想通貨関連のプライベートファンドは増加傾向にあるものの、合計201と全体のわずか1.3%にとどまっている。これらの仮想通貨ファンドは、以下の3つのカテゴリーに分けられる。

  1. 仮想通貨投資あるいは取引を行う従来型のヘッジファンド
  2. 仮想通貨およびICOへの直接投資を目的に、資金の大半を2017年末に調達した仮想通貨専門ファンド
  3. BlockFiのような仮想通貨関連企業に投資する傍ら、一部を仮想通貨にも直接投資しているベンチャー・ファンド

30億ドルから50億ドルが仮想通貨市場に流入か

一般のファンド業界では、運用総額を評価基準とする資産マネージャー・ランキングが作成され、10億ドル(約1070億円)以上の資産を運用するアセット・マネージャーがランキングのトップを占める。

これらのトップ・ヘッジファンド・マネージャーのうち18人が、BlockFiのリストにも名を並べている点に注目したい。全18人のAUM(運用資産残高)は合計2860億ドル(約31兆円)。仮想通貨投資の配分をそのうち1%と仮定すると、約25億ドル(約2700億円)が従来型ヘッジファンドの資産から仮想通貨市場に投じられていることになる。

さらに仮想通貨専門ファンドのAUM25億ドルを追加すると、少なくとも30億ドルから50億ドルが、伝統的なファンド市場から仮想通貨市場に流入していると推測される。

ベンチャーファンドやマーケットメーカー、ファミリーオフィス、超富裕層個人、ソブリンウェルスファンド、ソブリン、海外ファンドなどを加えると、総額はさらに増加するだろう。

仮想通貨に言及する頻度の高い機関投資家トップ30

また、同報告書では、「フォームADV(顧問投資に対し、最低年に一度SECへの提出が義務付けられている書類。一般開示される)の中で、仮想通貨について言及する頻度の高い機関投資家トップ30」という興味深いランキングも公開している。

首位は元著名ヘッジファンド・マネージャーのマイク・ノボクラッツ氏が立ち上げ、AUM4億900万ドルを誇るGalaxy Digitalで751回。2位のPantera Capitalは733回、3位のCipher Technologyは414回だ。伝統的な大手投資銀行ではMorgan Stanleyが31位(17回)にランクインした。

仮想通貨関連投資の情報を公にする米機関が増加

BlockFiは「投資の世界は巨大で、数兆の資産が運用されている。投資マネージャーによる開示は、必ずしも現在または過去の活動の証拠を示すわけではない」と述べ、公開ファイリング調査を鵜呑みにしないよう警告している。

この調査結果から現時点において断言できることは、「仮想通貨関連の投資を行う米機関の数は健全な成長を示しており、その事実を堂々と投資家やSECに公開している。仮想通貨関連の活動を可能にするサービスプロバイダーについても同じことがいえる」ということだけだ。

しかし、こうした一連の動きは、仮想通貨に対する投資家やSECの見解やスタンスの劇的な変化を示す動かぬ証拠ではないだろうか。

次回の主要なファイリングは、ビットコインの半減期と同じく2020年5月に開始される予定だ。どのようなポジティブな変化が見られるのか、期待が膨らむ。

参考資料 : BlockFi

CoinPostの関連記事

BakktのBTC先物、初のブロック取引 大手仮想通貨ファンド間で
BakktのBTC現物先物取引で、初の「ブロック取引」が行われた。米仮想通貨ファンドGalaxy DigitalとXBTOの相対売買で成立した初の大口日間契約になる。
新たなビットコイン先物投資商品 米SECに目論見書を提出
米資産運用企業がBTCの新しい先物投資商品の目論見書を米証券取引委員会(SEC)に提出。本商品は、ビットコインの先物への投資などを行うことによって、値上がり益を得ることを目的とする。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら