フランス、高校学習指導要領に仮想通貨・ビットコインを追加 伝統金融把握の一環で

仏の高校カリキュラムにビットコイン・仮想通貨が追加
フランスの高等教育のカリキュラムにビットコイン・仮想通貨についての学習の追加が提案された。仮想通貨や金融システムの理解向上がその目的という。

仏の高校カリキュラムにビットコイン・仮想通貨が追加

フランスの高等教育のカリキュラムにビットコイン・仮想通貨についての学習の追加が提案された。

今年6月、フランス国民教育省は教育カリキュラムの改訂を実施。ビットコインなどについての教育プランが盛り込まれていたことがわかった

その教育内容は初歩的なものに留まり、ビットコインがフランス経済および世界経済に与えた影響を中心に学習することが盛り込まれているという。

その指導にあたっては、同省が教員に教育用ビデオを配布、生徒がそれら動画を閲覧する形式をとる。学習項目は以下の三つに分けられている。

  1. ビットコインは将来の通貨か
  2. ビットコインはユーロと置き換えられるか
  3. あなたは現在の通貨に信頼を寄せているか

これら講義を通して仮想通貨やビットコインの基礎を学ぶだけでなく、法定通貨と仮想通貨を対比させることにより、社会における伝統的な金融システムが果たしてきた役割の理解につながるとしている。世界でも例の少ない、先進的な取り組みであるといえるだろう。

CoinPostの関連記事

フランスのタバコ店で、大規模なビットコイン(BTC)販売を開始
仏仮想通貨関連企業、ケプラーク(Keplerk)社がタバコ販売店でのビットコインの販売を再開する。対象店舗は5200以上に及ぶことが分かった。
ネム(NEM)カタパルト移行で最新FAQ 新通貨の入手方法・仮想通貨XEMとの共存性など
仮想通貨NEMの「Catapultマイグレーション委員会」は、Catapultローンチに関する疑問に答える最新FAQを公開した。Catapultの通貨入手方法やXEMとの共存性、取引所の対応などを詳しく説明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら