チェコ中央銀行、仮想通貨の名称で「〜コイン」の使用を禁止 発行団体に使用中止求める

チェコの中央銀行が警告

チェコ国立銀行(中央銀行)が、同国の非営利団体「Paralelní Polis」に対し、「コイン」という言葉の使用を中止するように警告したことが分かった。

「Paralelní Polis」は、自由・独立・革新的思考などをテーマに、アートや最新技術、社会科学を融合しながら様々なプロジェクトを実行する団体だ。非中央集権的で独立した社会を作ることもテーマにしており、ビットコイン(BTC)を価値の基準にした物理的な独自通貨も発行している

一方、チェコ国立銀行は仮想通貨に利用される「〜コイン」との名称を問題視、同団体に対しても通貨の使用を中止しないと罰金を科すと説明した。

「コイン」という言葉は銀行しか使ってはいけない名称であると、今回の警告の根拠を述べている。チェコは仮想通貨に対して保守的な国だ。国内ではEU(欧州連合)よりも厳しい規制を課していると伝えられている。

この警告に対し、「Paralelní Polis」の代表Martin Leskovjan氏は現地メディアに対し、この注意は過剰だと批判。「コイン」は「コイン」と呼び、使用は中止しない姿勢を示している。

CoinPostの関連記事

中国人民銀行のデジタル通貨部門 通信最大手ファーウェイと提携
中国人民銀行(中央銀行)の「デジタル通貨リサーチ機関」は公式に、最大手通信企業Huaweiと提携。提携の目的はフィンテック領域の研究だ。話題のデジタル人民元の発行に関係するか。
国際決済銀行 中央銀行デジタル通貨発行でスイス中央銀行と協業
欧州中央銀行など26カ国の中央銀行の役員からなる国際決済銀行(BIS)が、中央銀行のデジタル通貨発行に向けて、スイスの中央銀行と協業。分散型台帳技術の利用から実際の運営まで、実践的な研究を進める。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら