CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Gnosis(ノーシス)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Gnosisが特徴的なのは、「ダッチオークション形式」でICO
ダッチオークション形式とは、売り手が高めに設定した価格から順に値を下げてゆき、最初に買い手がついた値段で商品を売るオランダの生花市場で採用されているオークション方式のことで、取引スピードの高速化が可能となり、米国財務省短期証券の入札方式にも使用されています。
イベントの結果を予測するオープンプラットフォーム
誰でも簡単に予測市場アプリケーションの作成をすることがノーシスを利用することで可能となります。
通貨コード GNO
取引開始日 2017年5月1日
承認アルゴリズム Proof of Work(Scrypt)+Proof of Stake
発行上限 1,000万GNO
ブロック生成サイクル 約1分半
公式サイト 公式サイト
ブロックチェーンURL ブロックチェーンサイト
White paper White paperページ

ノーシスはイーサリアムのブロックチェーンを利用するERC20の通貨です。

ダッチオークション形式でICOを行い、開始わずか10分で13億円の資金を調達したことが話題になりました。今回のセールでは1,000万GNOのうち100万GNOは運営が初めから持つこととなっており、残りの900万GNOが配布される予定でしたが、41.8万GNOが投資家に分配されたところで、キャップとなり終了しました。残りの858.2万GNOは配布されることなく運営に戻ることになりました。

歴史

年次 内容
2013年6月 「Founders MartinKöppelmann」と「Stefan George」が大学で出会い、Bitcoin予測市場を作成します。
2014年1月 ブロックチェーンメカ​​ニズムであるEthereum(イーサリアム)がリリースされました。
2014年12月 イーサリアムの共同設立者「Joseph Lubin」によってConsenSysが設立されました。
2015年1月 「ConsenSys」にノーシスが最初のスポークとして参加し、イーサリアムのシステムを利用した予測市場の実証実験が開始されました。
2015年8月 グノーシスのアルファ版は、EthereumのFrontierが誕生してとしてわずか1週間で開始されました。
2015年11月 グノーシスは初めてEthereumの開発者コミュニティに公開されました。
2016年8月 Gnosisは、 サードパーティが簡単にGnosisを構築できるようにするgnosis.js開発者ライブラリを含む 第二CoPをリリースします。
2017年3月 「Gnosis.Inc」が設立され、4月24日には開発に資金を集めるためにICOとしてトークンオークションが行われました。
2017年5月 5月1日に公開され、取引所に上場されました。

Gnosisの特徴

2種類のトークン

Gnosisは参加者の利用拡大を容易にするためビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)他のアルトコイン交換することができます。しかしGNOやWIZの優位性を保つために、様々な規制をかけています。

GNOは他の仮想通貨などと交換可能なGnosisの通貨で総発行枚数が限られています。また、WIZ生成のためにロックされその指定した期間中(30日〜365日)WIZを生成しますが期間が過ぎれば自由に動かす(売買、譲渡)ことができます。

WIZはGNOSISで使用される通貨1ドルにペッグ(固定レート)されています。WIZはGNOによって作られます。WIZはGnosisでの手数料支払い、市場の作成、などGnosisで使われる通貨です。

イーサリアムプロジェクト(AUGUR)との違い

Gnosisのプロジェクトもイーサリアムブロックチェーン上で構築された分散型予測市場のプラットフォームで、Augurと似ていますが、Augurはトークン保持者が予測、報告することに対し、Gnosisではユーザーの中から選ばれた専門家が報告することによって、事実確認が早いことが利点となります。

予測市場とはイベント、試合、選挙などの結果を予測する市場のことで、誰でもこれらのイベント等の結果を予測できる分散型予測市場はブックメーカーのような胴元を介さず、カスタマイズされた予測市場アプリケーションの開発を大幅に簡素化しようとしています。

またGnosisはイーサリアムブロックチェーン上にコア、サービス、アプリケーションの3つのレイヤーから成り立っています

  1. 第1のコア

  2. イベントトークンの作成、マーケットメカニズム、オラクル及び管理インターフェイスをいつでも無料で提供しています。

  3. 第2のサービス
  4. 第1のコアの上に追加サービスを提供し、WIZで支払われる取引手数料モデルを使用します。現段階での実装機能はステートチャンネルの実装、新しい市場メカニズムの構築、ボラティリティのない安定した通貨、オープンソースのテンプレートアプリケーション、アプリケーションのカスタムツール、オラクル市場、のサービスを構築しています。

  5. 第3のアプリケーション
  6. ユースケースまたは顧客向けのアプリケーション、主にフロントエンドのための層であり、一部はGnosisチームによって作成されまたは外部の予測市場アプリケーションを作りたい開発者によって構築されています。ノーシスモデルは様々な予測市場を構築することです。

この3つのレイヤーによって、賭け、追加料料金を付加する、広告の収益モデル、情報販売、マーケットメイクなど様々なアプリケーションを稼働させることが可能になります。

ウォレット(wallet)

Gnosisの公式のウォレットの「Gnosis Light Wallet」「Smart Contract ABI」「MyEtherWallet」を利用することができます。利用しやすいウォレットとしては、「MyEtherWallet」がこの中では、簡単に作成できると思います。

取扱い取引所

ノーシス(GNO)を手に入れるためには、アメリカの取引所である「Poloniex」「Bittrex」、ニュージーランドの「Cryptopia」などから手に入れることができます。「Cryptopia」ではGnosis以外にも、暗号通貨400種類以上を取扱っているため、登録しておいてもいいかもしれません。

将来性

Gnosisは分散型予測市場のプラットフォームです。この分散型予測市場は将来性が感じられます。これからさらにこの市場が拡大するのではないでしょうか。Gnosisの価格は順調に推移しています。現在の時価総額は20位前後ですが、運営側の保有分を含めると5位になります。このことがこれからの価格にどのような影響を与えるかわかりませんが、楽しみな市場です。今後も注目する通貨の一つでしょう。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア