CoinPostで今最も読まれています

歴史的な採掘難度下落予想の仮想通貨ビットコイン、米株市場との30日相関が過去最大に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

23日のビットコイン(BTC)は、前日比7.56%安の64.9万円(5860ドル)まで下落した。

直近相場では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、仮想通貨市場も主要国の経済対策及び金融マーケット全体の運命に身を委ねるような状況にある。リーマン・ショックに匹敵するリスクオフ局面において、安全資産とされていた金(Gold)や債券までもが現金化されており、リスク資産の性質を帯びるビットコイン(BTC)も例外ではない。

CoinPostとも提携するThe Blockが報じたところによれば、Coin MetricsとFactSetなどのデータにおいて、BTC価格とS&P500インデックスの30日平均は、過去1週間で過去最高を記録した。相関関係は、ビットコイン(BTC)急落時にピークに達しているという。

S&Pは、ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出している米国の代表的な株価指数で、ピークから30%以上下落している。

現金化が加速した要因には、投資家の「追証」回避売りや不安心理からくるリスク資産の投げ売り連鎖が指摘されるほか、割安圏の銘柄に対する資金捻出で手元資金を確保しておこうとする思惑も垣間見える。資金繰り悪化を見越した企業もキャッシュ確保を進めており、ボラティリティ急上昇を受けリスク・パリティ・ファンドなどが資産を売却する動きも確認されるなど、現金化フェーズの一巡に警戒は必要だろう。

先行指標

一時反発していたビットコイン(BTC)の再下落は、サンデーダウに引きずられたとの見方がある。

週末を迎えたポジションのリスクヘッジとして機能する一方、公開市場外の差金決済取引であり出来高も相対的に少なく、SBI証券の夜間PTS(私設取引所)取引のように週明け相場への影響は限定的との指摘もあることから、参考程度に留めておく方が賢明か。

ただし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外国人観光客などインバウンド需要を見越した産業へのダメージが深刻であることは、各国のニュースで日々露呈しており、経済への予断は猶予を許さない。ホテルなどの宿泊施設に加え、飲食業、航空機など輸送インフラでもレイオフ(一時解雇)が相次ぐなど、雇用環境が急速に悪化していることを示す。

経済活動が世界的に休止状態にある中、26日発表予定の「米新規失業保険申請件数」にも関心が高まっている。米国の失業者による失業保険給付申請数を集計するもので、景気先行指数として用いられている。

サプライチェーンの崩壊を懸念する米最大手金融機関ゴールドマン・サックスの予測によれば、米国の失業者数は平均20万人前後で推移してきたなかで、今回の「米新規失業保険申請件数」では200万人の大台に乗るとの試算も。米経済見通しについては、4~6月期の成長率を前期比-24%と過去最悪水準となることを示唆した。

投資家心理の悪化に輪をかけているのが、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国との「追加減産協議」の交渉決裂だ。中東の政情不安は、原油価格の急落で、原油輸出国の財政逼迫懸念や米国におけるシェールガス関連企業の破綻リスクをもたらした。

原油チャート

大型景気刺激策

一方で、投資家の不安心理を反映するVIX指数は、66.0(−8.28%)と若干低下。

トランプ大統領は21日、新型コロナウイルス対策の大型景気刺激策として、最大2兆ドル(約220兆円)に達すると表明した。 緊急事態宣言に伴う国境封鎖などの影響で、資金繰りが厳しくなった企業の資金ショートを抑止する。

米政府の1.3兆~1.4兆ドルの財政支出のほか、米連邦準備理事会(FRB)などの追加支援策を盛り込み、23日に上・下両院の可決を目指す方針だ。 米名目GDP21兆ドルに対し、景気刺激策は2兆ドル規模とリーマン・ショック時の7000億ドルを大幅に上回る。

また、ムニューシン米財務長官は22日、連邦準備制度理事会(FRB)が最大4兆ドル規模の資金供給に協力する考えを示しており、コロナの感染拡大ペースが弱まり、経済指標の急激な悪化を市場を織り込めば、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場を含め、投資家心理を一時緩和する特効薬の一つとなる可能性も考えられる。

ビットコインマイニング状況

なお、BTC.comのデータによると、先週のビットコイン暴落を受け、BTCマイニングの次回難易度調整は-11.35%という過去最大規模の調整幅が予想されている。

収益性悪化で中小マイナー撤退が相次げば、ネットワークの寡占化につながるリスクが懸念される。

CoinPostの関連記事

大規模QE4でビットコインに好転の兆し、新局面を迎える仮想通貨市場
コロナショックに伴う米FRBの無制限量的緩和サプライズを受け、仮想通貨ビットコインは一時800ドル幅急騰。その後米株市場の急落に引きずられる場面があるも、”新たな局面入り”で大きく持ち直した。
ビットコインの底値はどこ? 株式指数と仮想通貨市場、過去の相関事例=Santiment考察レポート
仮想通貨市場データフィード/分析サービスを提供するSantimentが、ビットコイン価格とS&P500指数の相関関係を調査したレポートを発表。ビットコインの底値を見る指標として、過去の事例が参考になると指摘した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧