大手仮想通貨取引所Bitfinex、アルゴランド版テザー(USDT)の入出金を開始

Bitfinex:ALGO版テザー入出金開始

海外大手仮想通貨取引所Bitfinexは、ALGO(アルゴランド)基盤のテザー(USDT)の入出金を開始した。

テザーには、複数のブロックチェーンバージョンがある。ビットコインブロックチェーン基盤のOMNIや、イーサリアム基盤のERC20、そしてトロン(TRX)基準のTRC20も利用されている。

ALGO基準は、先日アルゴランドで実装された『ALGO2.0』という大型アップグレードによって、導入された新たなデジタルアセット発行プロトコル(ASA)だ。ALGO版のテザーはASAで初めて発行されるステーブルコインとなった。

時価総額が急増するテザー

2日の『BTC情報アラート』の情報によると、テザーは2020年2月より急速な発行が継続的に行われ、年初からすでに2000億円相当分が新規発行されていた。

そして新規発行の主な行き先は取引所だ。最近では金融市場と連動する仮想通貨市場が急変動する中、資金の逃避先としての需要が高いため、各取引所で提供しているテザー建取引ペアに対する需要も高まっている。

出典:longhash

参考:bitfinex

CoinPostの注目記事

仮想通貨テザー、年初から2000億円相当の新規発行 ビットコインへの影響は
テザー社の仮想通貨USDT発行が止まらない。コロナショックの最大の勝者と報じられるUSDTの状況に、需要拡大の状況を読む。ビットコイン市場への影響は?
ビットコインは10年で「ゴールド2.0」になる 億万長者が語る経済展望
著名VC Social CapitalのCEOは、仮想通貨ビットコインは今後10年で「ゴールド2.0」になると予測。それだけ今回のコロナ危機が世界経済に大きな変化を齎す可能性があると指摘した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します