大手VC出資のDEX、分散型ビットコイン無期限契約をローンチへ

dYdXのビットコインデリバティブ商品

大手VC「a16z」が出資する仮想通貨(暗号資産)分散型取引所dYdXは、ビットコインの無期限契約商品をアルファ版としてリリースし、5月中旬に正式ローンチを行う予定。

dYdXはイーサリアム基軸アセット(ERC20等)を取り扱うプラットフォームであるため、ビットコインデリバティブ商品を提供するのは今回が初めてだ。また、デリバティブ商品を取り扱う分散型取引所としても初になる。

この無期限契約商品(perpetual swap)は最大で10倍のレバレッジをかけることが可能で、取引ペアはステーブルコインUSDCで取り扱われるという。

無期限契約商品は、最大手デリバティブ取引所BitMEXをはじめ、バイナンスやOKEx、FTXなどの主要マーケットでも取引されているビットコインデリバティブ市場の主流商品だ。

DEX上での無期限契約商品は、通常のものと異なり、全ての清算がオンチェーンで確認できるため、保険基金や清算対象については高い透明性を担保できると説明されている。

dYdXは、a16zやPolychainなどの企業から、1200万ドルを調達し、2017年にローンチしたDEXだ。

参考:dYdX


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用