カナダの銀行:仮想通貨デジタル金庫「VersaVault」を提供へ

カナダの銀行「VersaBank」が仮想通貨セキュリティーの必要性に応える
デジタルアセットセキュリティーに力を入れている「VersaBank」は、6月までに利用可能な”仮想通貨のデジタル金庫”の作成に着手しています。銀行側は金庫の中身にアクセスすることができず、顧客のプライバシーは保証されます。
デジタルアセットセキュリティーの現状
VersaBankの以外に、デジタルアセットセキュリティーに力を入れている企業や銀行を複数紹介しています。

カナダの銀行「VersaBank Inc.」が、仮想通貨などデジタルアセットセキュリティーの必要に応えるべく、6月までに利用可能なデジタル保管庫を作成しています。

VersaBankは最近、「Blackberry Ltd.(携帯電話や暗号およびセキュリティーの大手企業)」から、サイバーセキュリティ専門家「Gurpreet Sahota」氏を雇用しました。

アメリカのビジネス誌「ブルームバーグ」によると、Sahota氏がコンピューターサーバーにデジタル・アセットを保管する「VersaVault」のデザインを監督するとのことです。

VersaBankのCEO「David Taylor」氏によると、ほとんどの人の資産は、一種のデジタル形式(約定、証書、仮想通貨など)に含まれていると述べています。

高いセキュリティーを持つデジタル金庫

VersaBankは、金庫の中身にアクセスすることも内容を知ることもできず、顧客のプライバシーが保証されています。

VersaBankが注力している「デジタルセキュリティー」の分野は、日本の仮想通貨取引所「コインチェック」から5億ドル(約560億円)が不正流出した件で、注目が集まっている分野です。

関連記事:

仮想通貨の保険はどうなる?ハッキング被害とサイバー保険の現状と今後
コインチェックの大規模ハッキング被害を受け、仮想通貨の不正出金や盗難補償に関する「サイバー保険」など、顧客保護の仕組みについて注目が集まっています。本記事では、国内外のサイバー保険情報をまとめています。

ハッカーは通常、インターネットに接続している状態の「オンラインウォレット」から仮想通貨取引所への侵入を試みます。

「Taylor」氏によれば、先月の発表以来、資産家たちは『VersaVault』で資産を保管することに対して高い関心を示していると語りました。

現時点で価格は未定ですが、相応に高価なサービスになると思われます。

すでにいくつかの米国銀行は、セキュリティー上の懸念から「クレジットカードによる仮想通貨の購入を停止する」と公表しています。

デジタルアセットセキュリティーの現状

デジタルアセットセキュリティーの必要に応えたのは、「VersaBank」が最初ではありません。

例えば「Xapo Inc.」は、4年前から安全性の高いビットコインストレージを提供しています。

トロントに本拠を置く「Goldmoney Inc.(7ヶ国でゴールドなどの売買および保管を扱う企業)」は、新たにビットコインの保管サービスも提供開始しました。

また、韓国最大手の「新韓銀行」は、2017年11月に「当局の認可を受ければ、2018年中ごろまでに”ビットコイン金庫”のサービスを提供する」ことを発表しています。

銀行界のパイオニア

Taylor氏は、INGグループNVがING Direct(テレフォンバンキング)を提供し始める4年前の1993年、カナダにブランチレスバンキング(無店舗型金融)を導入しました。

VersaBankは、ブランチレス電子的モデル上で運営されており、仲買人(ブローカー)から預金を集め、銀行以外の金融機関から貸付金およびリース債権を購入しています。

また、小売業および中小企業のための融資をパートナーとともに提供しています。

現在VersaBankの市場価値は、約1.26億ドル(約133億円)、従業員80名規模となっており、カナダの大手銀行を上回る業績を上げています。

同社の株は、8社で構成される「S&P/TSX 商業銀行インデックス」の2.9%下落に対し、24%の上昇を記録しています。

Canadian Bank to Offer Secure Vault for Cryptocurrencies

Feb. 19, 2018 by Lester Coleman

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加