「ビットコイン・イーサリアム・ネム決済はじめました」日本国内でも仮想通貨POSレジ導入進む

仮想通貨でスムーズな店舗決済

Amazonなどで販売されていたハンディPOSレジ機「Pundi XPOS X2」について、日本国内にも導入事例が相次いでいることがわかった。 店舗に導入すると仮想通貨での決済が可能となるほか、ビットコイン、イーサリアム、ネムなど20種以上の支払いオプションも選択可能となる。

「XPOS」実機本体価格は35,000円で、フル機能を使うには、別途ゲートウェイ契約が必要となる。Pundi X Labsの日本法人「株式会社プンディラボ.ジャパン」が設立されており、問い合わせも可能だ。

支払う側は「XPASS」という非接触ICチップを使ったNFCカードを用いて、Suica、PASMOなど交通系ICカードのように、機器にかざすだけでも決済可能。また「Xwallet」という携帯端末にダウンロードできるウォレットからの決済も選択できる。

喫茶店でワンタッチ決済

上のツイートでは、東京の喫茶店トリオンプで決済に使用される場面が紹介されている。カードをタッチするだけで、スムーズに決済が実現し、レシートも発行されていることが分かる。

ビットコインでも約9秒というシームレス決済を実現しているという。

店舗側に詳しい知識がなくとも、仮想通貨決済を店舗やサービス、屋台などに導入可能で、手数料は0.5%以下に抑えられる。クレジットカードの店舗負担手数料は、通常1%から5%のため、従来の決済よりも割安だ。

工事費用の決済へ導入事例

工事費用の決済等に「XPOS」を導入提案する企業も登場した。長崎県の情報技術・インターネット関連企業で、仮想通貨決済システムの構築も手掛ける「AI電脳助人長崎株式会社」。

これまでは、即時に決済できる仮想通貨はビットコイン(BTC)とネム(XEM)のみで、その他については手計算で対応していたものの、「XPOS X2」によって、テザー(USDT)、イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)、ダイ(DAI)、クォンタム(QTUM)を始めとする様々な仮想通貨で即時決済を行うことが可能になったという。

アメリカでPayPalと提携開始

また、Pundi X Labsは、米大手決済PayPalとも提携開始している。PayPalが導入されたことで、XPOSを通してQRコード決済、またクレジットカード決済できるようになる。

7月1日より米国でXPOSを利用する店舗が、PayPalのトランザクションサービスを申請開始、7月上旬にはPayPalのアプリがXPOSに実装される見通しだ。

PayPalの基本機能である、電子メールや携帯電話番号による支払いの受け取りなどもXPOS上で実現する。PayPalとの連携機能はまだアメリカに限定されているが、この先他の国や地域でも導入される可能性がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します