CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ポルカドット(DOT)、2回目のプライベートセールで約45億円調達か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

プライベートセールで約45億円を調達か

仮想通貨Polkadot(DOT)が2回目のプライベートセールを実施、推定約4300万ドル(45億円)を調達したことが判明。米メディアCoinDesk が報じた。

今回のトークン販売は事前に宣伝はされていなかった。また米国や日本など一部の地域からは参加することができなかったという。

それにも関わらず、Polkadotプロジェクトを進めるWeb3 FoundationとParity Technologiesは1回目のセールの約6000万ドルに続き、今回も巨額の資金調達を達成したことになる。

Blockchain.com上では1059件の取引と約4000BTCの取引を確認できる。DOTはトークン1つに125ドルで販売されていたという。

投票結果:DOTトークンを10倍に分割

また、Polkadotネットワークで最初の投票が行われ、その結果も発表された。

トークンの3分の1弱の投票率で、Web3 FoundationとParity Technologiesは投票を棄権していた。

投票はDOTトークンの最小単位である「Plancks」を巡るもので、各トークンに2017年にセールされた当時そのままの額面を保持するか、またはトークンの「シェア分割」を行い、1DOTトークンを10倍、100倍、1000倍に分割するかを選択した。

これまでは「1DOT=1兆Plancks」と定められていたが、2週間に及ぶ投票の結果、コミュニティは、「1DOT=10兆Plancks」と10倍に分割することを決定。ユーザーエクスペリエンスの向上に期待が集まったと見られるという。

具体的には、投票されたDOTのうち86%に当たる286万DOTがこれに賛成。旧額面を維持することに投票したのは約12万DOT(4%)にとどまった。

額面の変更はすぐに行われるわけではない。DOTの転送が有効になってから約72時間後に変更が実施される予定。

不測の事態が行らなければ、DOT 転送はブロック#1,205,128で開始され、それから72時間後の8月21日にブロック#1,248,328で額面変更となる。

以前、単位の変更は関連する文書やインフラ全ての更新を必要とするもので、混乱を引き起こすと懸念する声も挙がっていた。

Web3 Foundationは、エコシステム内のすべての人にこの変更を認識させ、移行期間中の混乱を最小限に抑えるために、エコシステムサービスプロバイダーと協力し、準備が必要な人を支援するための技術支援やアドバイスを提供していくという。

尚、各DOTトークンがそのまま100DOTになるだけで、実際の供給量に変化は生じないと説明した。

仮想通貨取引所クラーケン等でアドレス生成可能

Polkadotは、異なるブロックチェーン同士を繋いでインターオペラビリティ(相互運用性)を生み出すことを主な目的としたプロジェクト。互換性がないために発生するスケーラビリティ(拡張性)や、取引時間が長くなるといった課題の解決が期待されている。

イーサリアムの共同設立者Gavin Woodが携わっていることでも知られており、今年5月にメインネットの第一段階をローンチした。

現在のところ仮想通貨取引所クラーケンやコインベースカストディがPolkadotのアドレス生成機能を提供している。クラーケンはDOTのステーキングサービスも追加する予定、最大20%の報酬が見込まれるという。

また仮想通貨取引所FTXは先日DOTの先物取引を開始した。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/31 金曜日
17:01
ETHGlobal Tokyo、世界的ハッカソンイベントを東京で開催へ
ETHGlobal Tokyoという世界的ハッカソンイベントが、東京で開催されます。ハッカソンとは、エンジニアやプログラマーが集結し、短期間でプロダクトを開発するイベントのこと。ETHGlobal TokyoではWeb3市場の知識を持たない開発者でも楽しめるような取り組みも充実しています。
16:34
DEA、国内電力大手の合弁会社とMOU締結
NFTゲーム開発・運用を展開するDEAは、「電力アセットNFT」を活用した社会貢献ゲームを検討する目的でGGG社とMoUを締結したことを発表した。GGGは東京電力パワーグリッドや中部電力等の合弁会社。電力アセットNFTは4月3日に発売予定。
16:32
ネクソン、「Oasys」バリデータに参画 
国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして、大手ゲーム開発企業のネクソンが参加することが明らかになった。Oasysは第二群バリデーターとして計4社を追加予定。KDDI、ソフトバンクの参画がこれまでに発表されており、残り1社の公開が期待される。
15:04
加納裕三氏、仮想通貨取引所bitFlyerの社長復帰へ
国内有数の暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer創業者の加納裕三氏が代表取締役CEOに復帰することが発表された。今後は経営改革を加速し、株式市場での新規株式公開(IPO)を目指す。
13:40
NFTゲーム「アクシーインフィニティ」開発会社、5つのゲームスタジオと提携
人気NFTゲーム「アクシーインフィニティ」を開発するSky Mavisは、「Ronin」ブロックチェーンを大幅にアップグレードし、5つのゲームスタジオと提携して、Roninエコシステムを拡大すると発表した。
12:43
AI画像生成ツールMidjourney、無料版を一時停止
AI画像生成ツールMidjourneyは、新規ユーザーの急増や無料トライアルの乱用を受け、無料トライアル版へのアクセスを一時停止した。当初、この決定は拡散されたディープフェイク画像との関連が疑われたが、新規ユーザーの流入によりサービスに支障が出たことが原因だという。
12:25
ビットコイン直近高値圏で揉み合う、イーサリアム先物の月間取引高は昨年5月以来の高水準に
暗号資産(仮想通貨)市場ではDeribitのオプションカットオフやCME先物SQを控え、ボラティリティが強まることへの警戒感も見られる。アルト相場では、上海アップグレードを前にイーサリアム先物の月間取引高が昨年5月以来の高水準に達した。
11:15
米ワーナー・ミュージック、人員削減もWeb3チームは維持か=報道
米ワーナー・ミュージック・グループは、全世界のスタッフの約4%を削減すると発表した。一方、Web3などに取り組む従業員については維持する可能性が高いとされる。
10:50
Magic Eden、ビットコイン版NFT「Ordinals」でシェア急増
クロスチェーンNFT電子市場Magic Edenがビットコイン版NFT「Ordinals」のマーケットプレイスをオープンして以来、Ordinals市場でMagic Edenのシェアが50%を超えるまでに増加していることが分かった。
10:00
独シュトゥットガルト証券取引所、仮想通貨カストディの認可取得
ドイツのシュトゥットガルト証券取引所は、デジタル部門が規制当局から仮想通貨カストディアンとしての最終的なライセンスを取得したと発表。ビットコインなどを扱う一連のサービスを提供する。
09:10
Web3カンファレンス「WebX」、チケット販売開始
CoinPostが企画・運営に関わるアジア最大級の国際Web3カンファレンス「WebX」のチケット販売が開始。チケット販売に合わせて、WebX公式ホームページを公開した。
08:25
Injective、SVM向け新ソリューションをリリースへ
L1ブロックチェーンプロジェクトInjectiveは、ロールアップソリューションCascadeをパブリックテストネットにリリース。Cascadeの利用で、ソラナのアプリをコスモスに展開しやすくなる。
08:05
米国株一部続伸、米四半期GDP確定値が下方修正|31日
本日のNYダウは続伸し+141ドルで取引を終えた。ナスダックもIT・テック株の買い優勢で+87ドルと続伸した。インフレ鈍化を示す経済指標が買い材料となったようだ。
03/30 木曜日
17:51
メジャーSQ前のビットコインデリバティブ相場をプロが分析|寄稿:仮想NISHI
メジャーSQを前にCFTCによるバイナンス提訴を受け一時急落したビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
17:28
国内IEOで関心集める「Nippon Idol Token(NIDT)」とは、秋元康が次世代アイドルをプロデュース
国内4例目のIEO「Nippon Idol Token」について詳しく解説。秋元康氏が総合プロデューサーとして関わる次世代のアイドルグループ創造プロジェクトとして、メタバース及びブロックチェーン技術を用いて活動を推進する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア