米SEC、DeFi(分散型金融)を調査・監視へ

SECの最新動向

米国証券取引委員会(SEC)がDeFiの技術領域を監視するツールの購入を検討していることがわかった。7月30日に公式の契約文書を公開し、8月13日までソフトウェア企業の募集を行うとしている。

SECが求めるツールは、分散型金融(DeFi)のエコシステムにおけるスマートコントラクトの活動を監視するブロックチェーンの科学捜査ツールだ。具体的には、該当スマートコントラクトの目的、トークンの種類、購入などの制限、アドレスのホワイトリストおよびブラックリスト、コードの修正などの要素を情報分析できるツールが購入の検討対象となる。

また、必要不可欠ではないとしつつも、「できればスマートコントラクトのセキュリティ問題や脆弱性も分析できるものが望ましい」とした。

SECは、スマートコントラクトの監視を行う目的や理由については明かしていないが、DeFiセクターが今年に入り利用率や人気度が急上昇し、露出度も増しているため、状況を把握できる環境構築の必要性に迫られた可能性はある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します