ラテンアメリカ初のVISA連携仮想通貨デビットカード DASHが主導

VISA加盟店で仮想通貨決済可能に

仮想通貨ダッシュ(Dash)などが主導し、メキシコでVISAデビットカードを発行することが分かった。

ダッシュとメキシコで急成長している仮想通貨取引所Taurosとの提携で実現、Taurosモバイルアプリを使用して仮想通貨をペソに変換することで、メキシコの数百万の店舗でこのカードを使用して支払うことが可能になった。

銘柄ははっきり述べられていないが、Dash以外の仮想通貨もサポートしているという。ラテンアメリカで仮想通貨を利用できるデビットカードが発行されるのは初となる。

メキシコのTaurosユーザーはTauros.ioにログインしてVisaカードをリクエストできる。また、カードを受け取って支払いを開始したユーザーには、期間限定で購入に対して2%のダッシュをキャッシュバックして貰える特典が付与される。

Dash Core Groupの事業開発責任者Ernesto Contrerasは次のように声明を出した。

Dashユーザーは、通常のデビットカードを受け入れる何百万もの店舗でDashを利用できるようになった。これには、レストラン、オンラインショッピング、小売などが含まれる。

新型コロナ禍でソーシャルディスタンスが求められ、支払いの状況が変化したことを考えると、仮想通貨はより多くの製品や、より良いソリューションで使えるように進化する必要があり、それはパンデミック後のニューノーマルである、オンラインショッピングや低接触エコノミーを可能にしていく。

また、TaurosのCEO、Salvador Melendezは以下のように述べた。

Dashと一緒にデビットカードをリリースできることは、Taurosとメキシコの仮想通貨エコシステムにとって素晴らしいマイルストーンだ。

メキシコのエコシステムでは、仮想通貨を直接使用する方法に関心が高く、この製品が多くのユーザーの需要を満たし、私たちの成長の大きな推進力になると確信している。

CEOによると、最初の50枚のデビットカードをユーザーに配布するキャンペーンも行う。人々が仮想通貨を必要に応じて決済に使えるようにすることが大切で、カードはその最も簡単な方法だとCEOは付け加えた。
Dash Core GroupとTaurosは1年以上にわたって複数の製品開発について協力しあっているという。

欧州ではすでに大手取引所のデビットカードが存在

大手仮想通貨取引所では、バイナンスやコインベースも独自のデビットカードに取り組んでいる。

米コインベースは昨年4月にVISAデビットカードをローンチ、BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、BAT、REP、XLM、ZRXに対応している。カードは、欧州連合の国を中心として利用可能だ。

コインベースのイギリス支部「Coinbase UK」責任者によればローンチ以来、昨年11月時点ですでにカードは何万人もの人々に利用されており、銀行口座のお金を利用するのと同じくらい容易に仮想通貨を使えるという。

バイナンスも先月、英国を含めた欧州でVISAデビットカード「Binance Card」をローンチすることを発表。

事前に仮想通貨を法定通貨に両替することなく、BTC、BNB(バイナンスコイン)、SXP(仮想通貨の売買や決済を提供するSwipeの独自仮想通貨)、BUSD(バイナンスUSD)を、200超の地域に及ぶ6000万以上の店舗で決済に利用できるようになる。

今後はBinance Cardを他の地域でも利用できるようにする計画もあるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します