米イーサリアム関連開発企業、JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

ConsenSysがJPモルガンのブロックチェーンを買収

イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを専門に扱う米ConsenSysが、JPモルガンが開発するQuorumブロックチェーンユニットを買収し、新たに「ConsenSys Quorum」チェーンを立ち上げることが判明した。

ConsenSysはQuorumの企業向けプロトコル技術を吸収することになり、またJPモルガンの方はConsenSysに対して戦略的投資を行ったという。両社は今後も提携して企業向けブロックチェーン事業を進めていく見込み。

ConsenSysの創設者Joe Lubinは次のように声明を発表した。

QuorumをConsenSysのEnterprise Ethereumに導入できることに非常に興奮している。HyperledgerBesuベースのEnterprise EthereumクライアントをQuorumと統合し、すべてのQuorumの機能を採用できるようになる。

Quorumは、イーサリアムを土台としてJPモルガンが開発したブロックチェーンで、取引の秘密保持機能やネットワークへのアクセス制御など、エンタープライズが使う際に利便性の高い機能が追加された許可型のブロックチェーン。

Enterprise Ethereumは、企業間でブロックチェーン技術の採用を促進するために定義された一連のガイドラインと技術仕様で、国際的なブロックチェーンと関連企業の団体であるEnterprise Ethereum Alliance (EEA)によって管理されている。

これまでもJPモルガンとConsenSysは、Enterprise Ethereumの主導企業として協力してきた。

Consensysによると、今回の買収はブロックチェーン技術とイーサリアムベースのソリューションの採用を企業間で加速させる重要なステップである。

QuorumとConsenSysの他のエンタープライズ製品を併用することで、企業は高度にカスタマイズ可能で安全な高性能のソリューションを構築できるという。

「ConsenSys Quorum」誕生

ConsenSysが買収により開発する新しいオープンソースプロトコル製品は「ConsenSys Quorum」である。

ConsenSys Quorumは、企業がパブリック及びプライベートのソリューションを構築するための基盤として機能するオープンソースプロトコルで、 クライアントソフトウェア、プライベートトランザクション管理、外部トランザクション署名、および追加のツールの4層のオープンソースコードで構成される。

こうした一連のオープンソース機能に加えて、ユーザーは、ConsenSysが開発した様々な製品機能を使用して、資産のトークン化と管理、決済、ドキュメント管理、ワークフローの最適化、リスクについての法的順守などを実現できるという。

また、ConsenSysはQuorumを使用して、次の3つの領域で企業向けのイーサリアムチェーン提供を広げていく見込み。

  1. オープンソース開発への取り組み
  2. プライベートおよびパブリックな企業向けソリューションの同時開発
  3. より堅牢な本番環境向け機能

ConsenSysのJoe Lubinは、今後もJPモルガンと協力していくことを確認して次のように述べた。

JPモルガンとの長年に渡る多面的なパートナーシップを今後も継続し、エンタープライズが使用するネットワークとメインネットの互換性が可能となる時代を先導できることを楽しみにしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します