オーストリアの老舗証券取引所、ビットコイン・イーサリアムのETP商品を上場

ウィーン証券取引所に上場

オーストリアのウィーン証券取引所が、ビットコインとイーサリアムのETP(上場投資商品)を上場した。同取引所の顧客は、仮想通貨を自分で保有することなく、仮想通貨への投資を行うことが可能になる。

スイスのフィンテック企業、21 Shares AGが同商品を発行、ビットコインはABTC、イーサリアムはAETHのティッカーシンボルで提供される。

スイスのフィンテック企業が開発

21 Sharesはこれまでにも様々な仮想通貨に関連した投資商品を開発し、提供してきた。

単一の仮想通貨の商品としては、ビットコインやイーサリアムのほかに、ビットコインキャッシュ、XRP、バイナンスコイン、テゾスの計6種類の商品が存在する。

ビットコインのABTCは、今回のウィーン証券取引所のほかに、すでに、ドイツ取引所グループの電子取引プラットフォームのXetraや、ドイツ第二位の証券取引所 Boerse Stuttgartなどヨーロッパを中心とした複数の取引所で取引が行われている。

また、インデックス商品としては、主要な仮想通貨で構成するバスケット形の「HODL」などがある。

ETPのメリットとしては、新たな投資家層へのリーチのほか、間接的に仮想通貨の値動きに投資出来る手段が増える点で、自己管理による紛失リスク等を解消する点などがある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します