TRONのDeFiプロジェクトで出口詐欺の疑い、ロックされた資産1.4億円がアクセス不能に

トロンのDeFiプロジェクトに出口詐欺の疑い

仮想通貨トロン(TRX)が先月18日にローンチした独自DEX「JustSwap」において、公式にホワイトリスト入りを発表したトークンが、出口詐欺である可能性がコミュニティから指摘された。

問題となっているのは「TRON Supernode」プロジェクトだ。すでに公式ウェブサイト、TelegramをはじめとするSNSアカウントは閉鎖され、ユーザーは資金の引き出しができなくなっているという。

警告を発した@cyber_hokieのツイートでは、200万ドル超に相当する5600万TRXが詐欺の被害にあったとしている。

一方、dAppsの分析サイト、「DappsRader」のデータによると、執筆時現在、このプロジェクトのスマートコントラクトには約4990万TRX(1億4000万円相当)の資金が残されているようだ。

TRON Supernodeとは

TRON Supernodeは「トロンDeFi初の投資プロジェクト」と銘打って、NODEトークンの保有者全てに、1日あたり4.5%〜7.5%という莫大な配当を保証していた。プロジェクトチームは、NODEがトロンの独自DEX「JustSwap」初のDeFiトークンであると主張している。総供給量は1億トークンで交換、ステーキング、投票、取引に利用できると説明されていた。

9月1日のピーク時には、24時間で1万3480人のユーザー数を記録、2万8066件の取引が承認され、約33万5000ドル(3500万円相当)が処理されていた。しかしその翌日にはユーザー数は911人、トランザクション件数1170件と95%以上激減し、ここ1週間あたりのユーザーは13人、トランザクションは38件と見る影もない。

このプロジェクトは当初から複数のDappレーティングサイトが「高リスク」と評価していた。

ホワイトリスト入りの影響

JustSwapの公式日報では、同取引所が「誰でもトークンを上場し、流動性を提供できる非承認ベースの分散型取引所」であり、そのオープンな特徴のため、プラットフォーム上で幾つかの偽トークンを発見したことを報告、謝罪していた。この事態を受けて、上場前に全てのプロジェクトの正当性を厳しく審査し、ホワイトリストを公開し、毎日公開していくと説明している。

偽トークンの報告チャンネルも設置し、偽物と判明した際には直ちに上場を廃止するとの記述もある。

TRON Supernodeの「NODE」トークンがホワイトリスト入りしたのは、9月1日。しかし、その2日後の9月3日には、流動性が不足している(1日あたり2万ドル未満)との理由から、ホワイトリストから除外されていた。

JustSwapは、ホワイトリスト登録の基準として次のような点を挙げている。

  1. 総合的な指標により、1日の取引量と流動性でトップ30に入っていること
  2. 1日の平均取引量と流動性が2万米ドル以上であること
  3. プロジェクトおよびトークンが正当なものであると証明されていること

TRON Supernodeがホワイトリスト入りしていたのは、わずか2日間だったわけだが、上記の基準を満たしているとJustSwapが判断したことに対し、コミュニティからはその審査プロセスに対し疑問の声が上がっている。

ソーシャルニュースサイト「reddit」のスレッドでは、2万TRXを失ったユーザーは投資が自己責任であることは認めながらも、ホワイトリスト入りがプロジェクトに対して、多少なりとも安心感を与えたと訴えている。さらに、プロジェクトチームに関連していると思われるアカウントから数日間のうちに、合計120万TRXが第三者の口座に送金されていることを、当該アドレスとともに報告している。

アカウントにアクセスできない

前述のように、TRON Supernodeのスマートコントラクトには多額の資金が残されているが、利用者からは引き出すことができないという声が多数上がっている。そのため、特定のアドレスに限った資金の引き出しを可能にするホワイトリスト方式のような、セキュリティシステムが実装されている可能性が指摘されている。

コミュニティには、このような事態を「驚いていない」という反応も多く、出口詐欺を疑う意見が大半を占めているようだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します