「ビットコインの本質的価値」に疑問符=英国中銀総裁

英国中銀の総裁がビットコインに批判的発言

英国の中央銀行であるイングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁が、再びビットコインについて批判的な発言を行った。

12日に開催された、国民との質疑応答のセッションの中で「ビットコインが本質的価値と呼ばれるものを持っているとは言いがたい」と述べた。

支払いにビットコイン(BTC)を使用している人々も「非常にハラハラさせられている」として、投資の際にはBTCの高いボラティリティを考慮する必要があると意見した。

なお、スピーチの一部では、「人々がそれ(BTC)を望んでいるという意味では、本質的ではない価値を持っているのかもしれない」とするコメントをするなど、本質的な価値は見出すことが難しいとする意見は自身の考えるである点を強調しつつも、外から付与された価値はあるかもしれないとする立場を示した。

本質的な価値

本質的な価値がないとする意見については、仮想通貨業界からも様々な意見が見られた。日本の取引所を運営するTaoTao株式会社で働く仮想NISHI氏はツイートで、「本質的価値、あると思いませんか?」とユーザーに訴えつつ、以下のような特徴が本質的価値に結びついていると論じた。

  • 10年以上一度も止まらず改ざんされない最古の台帳
  • 人間の判断に頼らない新規発行プログラム
  • 全ステークホルダーを合理的に働かせるシステム設計
  • 質量のない価値保存能力
  • モノとの交換ができる

ステーブルコインやCBDCには前向き

一方、総裁は、先月開催された米シンクタンクのイベントの席で、法定通貨の裏付けがあるステーブルコインについては、決済を容易にするなどの有用性があると肯定的な見解を示している。

イングランド銀行も中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の発行を検討している一行で、自国の取り組みをアピールした。

ベイリー総裁は7月、学生とのオンラインセミナーで「BoEは中央銀行としてデジタル通貨を発行すべきかを検討している」と発言。新型コロナのパンデミックが起きている状況で、デジタル通貨は非常に重要なテーマであるとの見解を示している。

CBDCの導入時期については、「個人的には今後数年の間」として、BoEがデジタル通貨の利用に取り組むと考えを披露した。

関連:「数年の間にデジタル通貨を利用する」イングランド銀行総裁が見解示す

ディスカッションペーパーも

イングランド銀行は3月に、CBDCについてのディスカッションペーパーも発表している。

CBDCを導入する場合には、現金や民間銀行の預金と並行して利用する方向で議論をまとめ、CBDCは決済環境や国際送金などの利便性を高め、多くのユースケースを生み出し得ると論じている。

また、「預金残高が民間の銀行から中央銀行のデジタル通貨に大きく移行すれば、イングランド銀行と商業銀行の両方のバランスシートに影響を与える」として、金融の安定性に影響を及ぼすリスクについても言及、注意深く設計する必要があると慎重な姿勢を示した。

なお、イングランド銀行は、日銀や、国際決済銀行(BIS)、欧州中央銀行(ECB)、カナダ銀行などと共にCBDCの研究グループも結成している。

関連:「デジタル通貨は発行する価値がある」英中銀がCBDCの考察を発表

CBDCと民間決済手段の関係性

CBDCは、民間の決済インフラ、特にステーブルコインなどの仮想通貨に対抗するものとして位置づけられることもある。

スウェーデン中央銀行のリクスバンクは、6月に発表したレポートの中で、CBDCの役割の一つは、巨大テクノロジー企業による民間デジタル通貨との競争において、価値の保存手段としてのスウェーデンクローナの役割を保護することだと論じた。CBDCにより、商品購入データなどが商業的に利用されない決済手段を提供できるとも説明した。

また仮想通貨以外では、銀行の取引口座市場、Visa・Mastercardなどの決済サービスプロバイダー、その他既存の支払いサービスの分野で競争を促進する効果があることも想定しているとして、フェイスブックなどのテック企業が主導するステーブルコインや、仮想通貨、既存の民間決済手段が、各国のCBDCがどのように並立していく見込みなのかという点も、CBDCの設計段階でこの先注目される側面になるとしている。

関連:スウェーデン中央銀行、CBDCの必要性や導入プランを詳細に検討


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します