仮想通貨取引所バイナンスのアフリカ支店、Binance Ugandaサービス終了へ

Binance Uganda閉鎖へ

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、18年6月よりアフリカで展開していたBinance Ugandaのサービス終了を発表した。20年11月11日にすべてのサービスが使えなくなる。Binance Ugandaは、バイナンスが展開する初の「法定通貨・仮想通貨」の取引所。

公式発表によると、サービス中止の理由は、バイナンス本店でウガンダの法定通貨UGXの入金が可能になったため、地域取引所に限らずに幅広いサービスを展開できるとしている。

バイナンスは先日、英王室属領のジャージーで運営する取引所「Binance Jersey」を20年11月9日をもって終了させることを発表しており、今回同様、法定通貨への対応を理由に挙げた。

関連バイナンス、「Binance Jersey」を11月に閉鎖

Binance Ugandaの終了プロセス

  • 10月28日:ユーザーの新規登録および仮想通貨・UGXの入金停止
  • 11月11日:(日本時間8:59)よりすべての取引サービスを停止。売買不可能に
  • 11月28日:完全閉鎖

バイナンスはBinance Ugandaユーザーに対し、11月27日までにすべての仮想通貨およびUGXの資金を引き出すよう呼びかけている。

参考バイナンス


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します