「予測市場のユニスワップに」 PlotXがBitMaxに上場

BitMaxとPlotXが提携へ

暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームのBitMax.io(BTMX.com)は11月13日の午前10時(日本時間:11月14日 00:00)にPlotXのPLOTトークンを上場したことを発表した。

PlotXは、ノンカストディアルの予測市場プロトコルであり、ユーザーは取引相手都合のカウンターパーティリスクを負うことなくマーケットを作成、決済し、イーサリアムブロックチェーン上で報酬を分配できる。AMMを使った予測市場としては世界初であり、「予測市場のユニスワップ」を目指すとしている。

AMMとは、従来の市場でマーケットメイカーが行っていた顧客の注目を成立させる役割を自動化したものだ。AMMでは遊休資産を持つ投資家が、資産を流動性プールに預けることで流動性を提供する(=マーケットメイカー)になる。取引の手数料などが資産を預けた投資家へ配分される。

予測市場の普及に向けて

予測市場は十分なユーザーの参加があれば、大衆のセンチメント(市場心理)のデータとして価値のあるものとなり得る。

PlotXは、ユーザーエクスペリエンスの低さや流動性の不足した市場により、普及に向けて伸び悩んでいた他の予測市場の課題を解決することを狙う。マーケットメイキングの自動化(AMM)を活用し、PlotXは最短1時間の短期市場サイクルへの対応も可能だという。

短い市場サイクルと、予測まで5クリックで完了するインターフェイスによって市場に参加する機会を増やし、高い流動性を呼び込む。

プラットフォームのユーティリティトークンであるPLOTは参加者と予測市場の媒体となる。トークンはプロトコルのコミュニティガバナンスのメカニズムとして機能し、保有者はAMMマイニングやリファラルマイニング、流動性マイニングなどに参加できる。

PlotXのステーキングやガバナンスはイーサリアムに直接組み込まれ、スマートコントラクトが即座なオンチェーンの決済と報酬分配を行う。マーケットの作成、参加、決済はL2のソリューションに移され、ユーザーの支払う手数料の削減ややスピード向上が期待できる。

PLOTの取引はPlotXとBitMaxの長期的なパートナーシップの最初のステップになる。取引所はPLOTのステーキングをサポートし、2020年の第4四半期にはプレステーキングを行う。

PlotX情報

PlotX

ウェブサイト:https://plotx.io/

Twitter:https://twitter.com/TryPlotX?s=20

Medium:https://medium.com/plotx

(※BitMax.ioは、LINEの暗号資産サービスでありLVC株式会社(暗号資産交換業者 関東財務局長 第00017号)の提供する取引所BITMAXとは異なる取引所です)


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します