「ビットコインは割安」 米ヘッジファンド界のレジェンドが見解

Paul Tudor Jonesの見解

世界の株式市場や法定通貨の規模からすると、ビットコインの時価総額は未だ低すぎる…

米ヘッジファンド界のレジェンドPaul Tudor Jones氏(ポール・チューダー・ジョーンズ)は、Yahoo Financeのインタビューに対し、このような見解を述べた。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの時価総額が、より拡大する可能性を指摘した格好だ。

Jones氏は今年の5月に、2%に相当する自身の資産をビットコインに投資したことを明かしている。経営するチューダーBVIグローバルファンドを通じて、ビットコイン先物の取引を行っているなどでも、業界から注目を浴びた。

今回のインタビューで同氏は、「約3,600億ドル規模のビットコイン時価総額は市場を正確に反映していない」、「株市場では90兆ドル規模であるし、世界中にある法定通貨の数はもはや数えきれないほど多い」と指摘した。グローバルマーケットとして市場を確立しつつあるビットコイン取引と時価総額を根拠に、ビットコイン価格が未だ割安な状態にあると判断しているとした。

ビットコンの時価総額については、「価格が割安にある可能性が高く、今後の展望として長期的上昇は見込めるだろう」とした上で、ビットコイン時価総額を勘定するのは、インターネット黎明期にIT株の時価総額を定めることと同様に困難であるとした。

Jones氏は、今年10月のCNBCの取材でも、「ビットコインへの投資は、スティーブ・ジョブズ氏やアップル、グーグルへ投資することに似ている」と見解を述べていた。

アルトコインについて

仮想通貨セクターに参加しているほとんどの伝統金融はビットコインを中心に投資しているなか、Jones氏はアルトコインの将来性に関する見解も述べた。

「アルトコインは”工業用金属”に似ており、将来一定の市場価値が付く可能性があるが、私自身は資金を投じる先としてビットコイン一択だ

先日、ゴールド(金)を全て売却し、ポートフォリオに暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を追加することを宣言したGlobal Macro InvestorのRaoul Pal CEOも、Jones氏と同様の見解を述べている。

所有する仮想通貨をBTCが8割、ETHを2割の比率にしたことについて問われたPal CEOは、「パフォーマンスはETHの方が5倍上回ると思うが、値動きは正確には分からない。一方、BTCに投資を行うことは簡単だ」として、現在長期目線で資金を投じやすいビットコインの優位性を指摘した。

ゴールド売却し、ビットコインとイーサリアムへ投資──元GS幹部
リサーチ企業Global Macro InvestorのRaoul Pal CEOが、ゴールドを全て売却し、仮想通貨のビットコインとイーサリアムに投資すると宣言。両通貨の保有割合にも言及している。
著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します