CoinPostで今最も読まれています

Beyond Blocks Summit Tokyo 2018 Day2 参加レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Beyond Blocks Summit Tokyo 2018 2日目参加レポート
「シェアリングエコノミーの新しい未来」について、Red Pulseの創設者兼CEOであるジョナサン・ハー氏が登壇しプレゼンしました。また、Quoine社:CFO 紺野 勝弥氏などが分散型取引所についてパネルディスカッションを行いました。

「Beyond Blocks Summit Tokyo 2018」にCoinPost編集部が参加しました。

本記事では、2日目の様子と内容をお伝えいたします。

Day 1と同じく、多くの方が来場しており、 Day 2 はブース付近でのネットワーキングスペースで様々な方々が交流していたように見受けられました。

Day 1 参加レポートはこちら↓

Beyond Blocks Summit Tokyo:Day1 参加レポート
bitFlyerのCEO加納裕三氏は、独自のプライベートブロックチェーン「Miyabi」について言及しました。話題のICO、Wanchain社はBTCやETHなどのパブリックブロックチェーンと銀行などの独自ブロックチェーンを繋げる「Cross Chainシステム」や新プロジェクトの発表も。

シェアリングエコノミーの新しい未来:RedPulse

シェアリングエコノミーについて、Red Pulseの創設者兼CEOであるジョナサン・ハー氏が登壇し、プレゼンを行いました。

シェアリングエコノミーの概念は決して新しいものではなく、昔から存在していたものです。

昔の村では、近くに住む同士の人々が助け合い、物を共有しあって生きてきました。

しかし、人口が増えるにつれ近所の人が見知らぬ人となり、共有する習慣がなくなっていきました。

これをもう一度実現するため、ジョナサン・ハー氏は、ブロックチェーンテクノロジー、仮想通貨(トークン)を利用した現代社会の新しいシェリングエコノミーを構築していく方法を説いていました。

まずジョナサン・ハー氏が紹介した表がこちらです。

「×」が 現在シェアリングエコノミーで成し遂げられていない点になります。

特にP2P、コミュニティーについては達成できていない企業が多く存在するとのことです。

トークンシステムを用いることによって、これを変えることができるとジョナサン・ハー氏は述べました。

現状のシェアリングエコノミーを、トークンの力によってより良いものにすることが可能、としました。

ジョナサン・ハー氏のプレゼン内容要約

  1. 現状は大企業がコントロールしている。VCに頼っていた資金調達方法を、ICOにより多くの企業が資金調達可能となり、インフレーションを引き起こす。
  2. Aset heavyからAsset lightへ(保有資産を軽くする事)。
  3. 現在はプラットフォーム自体に価値があるが、トークン経済が機能すると、トークン所有者が価値を保有する時代になる。
  4. 規制が国だけでなく世界的に仕組みができたらより自由な動きができる。

知識経済シェア

その後、RedPuseの目指す未来について言及されました。

一般的知識は誰もが知りたいことですが、よりニッチな情報、詳細になればなるほど、その情報を知りたい人は少なくなります。

ジョナサン・ハー氏は、そういったニッチな情報ことお金を払ってまで欲しい人が存在する、と語りました。

そこで、RedPulseが提供するトークンを用いたリサーチエコシステムが紹介されました。

Red Pulseは、現在多くの人々が直面している問題である、情報過多を解決することを目指しています。

ここにユーティリティートークンを入れることで、情報共有する意欲が低下している現状の解決策となります。

このエコシステムに埋め込むトークンレーイヤーにインフレを起こすことが可能で、発行する通貨の枚数でインフレを管理します。

また、これシステムに貢献した人に対して報酬を与えることが可能です。

ジョナサン・ハー氏は、これがRedPulseで可能にする未来「Sharing Economy for Knowledge」である、と締めくくりました。

分散型取引所は中央集権型取引所が抱える問題を解決できるのか?

以下の著名人達が並んでパネルディスカッションを行いました。

左から順番に紹介致します。

  • Moderator:Masa Keith Nakatsu氏
  • Kyber Network社:共同創業者兼CEO ロイ・ルー氏
  • NEX社:共同創業者 ファビオ・カネシン氏
  • Quoine社:CFO 紺野 勝弥氏

パネルディスカッションは取引所の中央集権型と分散型の良い点、悪い点など、それぞれの考えをぶつけあっていました。

中でも、取引所の問題点に対する議論では、セキュリティー関連の内容が目立ちました。

パネルディスカッション内容

仮想通貨にて中央集権型取引所が抱える一番の問題は何でしょうか?

紺野氏

セキュリティーだと思います。

日本では、コインチェック、マウントゴックスと2つの大きなハッキング事件がありました。

これを受け、Quoine社はセキュリティーの強化に力を入れております。

ハッキング、内部の不正を防ぐように尽力しています。

ロイ・ルー氏

透明性の確保が必要です。取引量の中でフェイクがある、という報告がありました。

心配なのは、中央集権型取引所のパワーが大きくなりすぎて、偏ってしまう点です。

取引所は一般投資家と機関投資家が利用します。彼らはそれぞれ求めているものが異なりますが、解決策を作る必要があると思いますか?

紺野氏

仮想通貨は今後、メインストリームになります。

大きなヘッジファンドが仮想通貨の世界に入ってきたら、分散型取引所だけでは駄目だと思います。

中央集権型取引所も必要になるでしょう。

だからこそ、セキュリティー強化が必要で、顧客の資産を守る必要があります。

クライアントと取引所の信用力が重要でしょう。

ファビオ・カネシン氏

どちらにせよ、ハックされたらどのくらいインパクト、リスクがあるかを、過去の例からも考えて、問題が起きることを防ぐ必要があります。

ロイ・ルー氏

中央集権型では、一元化サーバーに入っていれば、透明性がないため、一般投資家はどのような事が行われているのか分かりません。

しかし、分散型は透明性があるため、ブロックチェーンで個々がチェックすることが可能で、問題が起きることを防ぐことができます。

分散型取引所は現在の伝統的な取引所とコラボレーションできると思いますか?

ファビオ・カネシン氏

できます。強化する必要があります。

中央集権型取引所はこれを行うべきです。

紺野氏

我々は中央集権型取引所ですが、LIQUIDプラットフォームの取引所を始めます。

LIQUIDプラットフォームにより、分散型取引所と繋がることができるでしょう。

分散型取引所にも顧客を流せるようにしていきたいと思います。

また、議論の途中、QUOINE社紺野氏へ、トランザクション量はどのくらい許容出来るのか、という質問があり、紺野氏は以下のように回答しました。

QUOINE社プラットフォームは、現在、世界最高速のマッチングエンジンを有し、秒速100万トランザクションのマッチングが可能です。

更に、100万から500万にあげようとしています。

まとめ

Beyond Blocksは多くの人が参加し、海外からも多くの投資家や仮想通貨、ブロックチェーン関係者が参加していました。

仮想通貨、ブロックチェーンの将来性を信じる方々が自分の考えを発表し合っており、非常に有意義な場でした。

また、CoinPost編集部は2日間で数名のスピーカーへインタビューをすることが出来ました。

それぞれ近日公開予定ですので、是非チェックしてみて下さい。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧