ビットコインキャッシュ:5月のハードフォークで32MBに拡張予定

ビットコインキャッシュ、ハードフォークし、新型ソフトウェアへアップデート
ビットコインABCでビットコインキャッシュ開発を行うSéchet氏は、5月にビットコインキャッシュがハードフォークし、新たな発展をもたらすと発表しました。
ブロックサイズとオペコードの改良
新型ソフトウェアにアップデートすることで、ブロックサイズは大容量(8MB→32MB)になり、迅速な取引が可能になります。オペコードは、書き換えのみならず、付け加えもされる見込みです。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインキャッシュが5月にハードフォーク

ビットコインABCでフルノード開発者として先導をきるAmaury Séchet氏(以下、Séchet氏)は、ビットコインキャッシュ(BCH)が5月15日(※あくまで予定、ブロック数で変動)にハードフォークし、いくつかの修正と共に、より大きなブロックサイズの承認が可能になることを明らかにしました。

開発者は、声明を発表しました。

最新の11ブロックのタイムスタンプ時の値が、1,526,400,000よりも大きい場合、新たなコンセンサス規則が次のブロックから適用されます。

正確な作動時間はブロックが発見されたタイミングによって変わります。

相違点: ブロックサイズとオペコード

2つの主な特徴としては、即座に行われる承認と拡張性が挙げられています。

新フォークのおかげで、容量が増加し、迅速な取引が可能になり、ブロックサイズは32MBまで拡張する見込みです。

3月に日本で行われたSatoshi’s Visionでのインタビューで、Séchet氏は、拡張の変更を“Paypalレベルの容量の支払い”を可能にしたと説明し、以下のように付け加えました。

オペコードは、書き換えのみならず、“イーサリアムのような特徴”も取り入れました。

その特徴として、最新版のオペコード(機械語の命令の識別番号のこと)や、コインを識別するためのテクノロジーや基礎的なスマートコントラクトを導入する可能性があります。

Séchet氏によると、複数のプロトコルの実装は、様々なことを円滑に作動することで重要だそうです。

複数のプロトコル実装を用意しておくことが重要な2つの理由の内、1つ目は技術的理由です。

1つの実装で作動不良が起きた場合、他の実装を用意しておけば、ネットワークを作動しつづけることができます。

Séchet氏は、複数のプロトコル実装は独占を避け、公平性を促進させる目的もある、と説明しました。

私は、複数のプロトコル実装により独占を避け、公平性を大事にすることは素晴らしいことだと思います。

もし1人の利用者が悪知恵を働かそうとするならば、その人は市場シェアを失い、他の利用者が利益を得ることになります。

これによって市場にいる全ての人が誠実でなくてはならない状況を作り上げるのです。

New Protocol: Bitcoin Cash to Hard Fork in May 2018

April 6, 2018 by Conor Maloney

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用